春の釣り
e0041606_22404891.jpg

ここ数年お気に入りの釣り、川、魚
手軽で、そこそこ釣れて、他に釣り人もいない
たまにいいサイズもでる

いつものように朝寝坊
平日の休日
昼飯のらーめん屋巡りを終えてから
釣りの開始は13:00

水は濁り気味、魚の反応は薄い

e0041606_2239251.jpg

今年の初魚、かわいいヤマメ


e0041606_22391269.jpg

何年振りかで釣り人を発見
スタイルは僕とほぼ同じ
何だか自分を見ているようで恥ずかしい
歳は僕より相当若いけど・・・


e0041606_22392260.jpg

小さなイワナも釣れる

あまり実績ない堰堤
釣り上がるも釣れず
高さがある堰堤で越えられない場所
仕方なく川を下ることに・・・

途中なぜか妙に気になり、釣り上がるとき散々キャストしたポイントを
違うルアーでもう一度攻めてみる

すると・・・







ゴ、ゴンときた

7シーズン目を迎える
mahacraft 根曲りTroutin Stick 5.8ft
+MITCHEL408のコンビ
が唸りを上げる

数十秒後、Maha craft picture netでランディングを試みるも
でか過ぎて入らない?

何とかそのまま岸まで誘導してキャッチ!





e0041606_22393338.jpg


e0041606_22394443.jpg

恒例のブルック!45!

2008年春 37cm
2011年春 ?cm
2012年春 38、43cm
2013年春 45cm

と、同じ魚を釣ってるわけではないのに
少しずつサイズアップしている
しかもいずれも春

この調子でサイズアップすると
僕が60歳になるころにはメーターオーバーになるはずだ


e0041606_2240461.jpg

ルアーは蝦夷のちょっと潜るやつ
これに変えたら一発で喰ってきた
フロントもリアもフックが伸ばされかかっていた


e0041606_22401599.jpg


e0041606_2240241.jpg


e0041606_22403472.jpg

毎回言っているが
渓魚の繊細な色彩をフィルムに収めることは難しい
光の角度によって七変化する体色を
毎回、夢中になって撮っている
苦しい思いさせてごめんね


魚にせよ、風景にせよ、人や物にせよ
記憶の中の色を再現するのは無理というものだ
記憶の中の色は脳内で成長し続けるからだ
その記憶を鮮明に蘇らせる手助けになるのが写真だ

でも写真がなくても脳内での色彩は暴走することがある
その暴走を食い止めるのも写真の役割か

逆に色彩を自由に回想できるモノクロは、余計な情報がない分
ある意味、その情景を脳内で忠実に再現できる役割があるのかもしれない


e0041606_05261.jpg

by mahasatou | 2013-05-24 23:54 | Sunday-angler | Comments(2)
Commented by ikasasikuy at 2013-05-25 06:12
おはよごだます
うむむ
色といい
艶といい
面構えといい
まさに
王者の風格漂う一匹ですね
でも
小物釣師のそれがしは
小さなヤマメや
小さなイワナも
好きです
うふ
うふ
Commented by mahasatou at 2013-05-26 21:32
ささきさんの45
残念でした

竹の素材をそのまんま使ったこの竿
きっちり仕事してくれます

この前小さなタナゴを探してウロウロしましたが
まだお目にかかっていません
また探しに行きます^^
<< 名古屋 喰い倒れツアー(1) 登米市登米町 >>