インドの寝台列車とトイレ confused india特別編
e0041606_22413060.jpg

寝台列車に乗り込むと先客が一人いた
こちらの日本人は3人組
幅70~80cmほどのベッドが2段で対になっている
ひと区画4人のスペースだ
先に乗っていた若いインド人は毛布を頭からかぶり眠っていた
(眠っていたふりをしていたのかもしれない
 怪しい外国人グループに巻き込まれないように・・・)

僕のスペースはその人の真向かいの1階部分のベッドになった
日本ですら寝台に乗ったことがないのに
人生初の寝台列車がインドとは
なんと贅沢なことか・・・





ベッドの頭の部分にランプがあるが
付けるとものすごく明るい
もう真夜中になっていたので早々に寝ることにした
(まあ、寝る以外にすることもないのだが・・・)

列車内は左右に同じような造りになっており
真中に通路があって人の通りは多い
人が通るたびに赤茶けたカーテンが開き
明りが入り込んでくる
それを何度も何度も直しているうちに
今度は車掌が入ってきてチケットのチェックだ
ほどなくして静かになり、それでも4時間程度は眠れたと思う



e0041606_22413987.jpg

見よ!これがインドの平均的な便器だ
靴のサイズが26.5cmの僕でさえ置ききれないほどの
小さな足置きスペース
こんなに小さくする意味があるのだろうか
画像の右向きに立てばいわゆるスタンディングスタイル
左を向いてしゃがめばクラウチングスタイルだ

そしてしゃがんだときにちょうど目の前に来るステンレスのコップは
決してうがいをするためのものではない!^^
コックをひねって水をコップにためてちゃぷん、ちゃぷんとお尻を洗うための道具だ
残念ながら今回のインドでは僕は体験することができなかったが
(すべてのホテル、訪問先では通常の洋式便器だった)
いろいろと調べてみると非常に気持ちのいいものらしい
ただし、結構なテクニックも必要
たぶん、ではあるが正しい使い方としては以下の通り

右手でコックをひねり床に置いたコップに水をためる

右手にコップを持ち、コップを振ることで水のみをおしりに当てる

ある程度ちゃぷちゃぷしたら、左手で直にふき取る

気になる場合はこれを繰り返す

気がすんだら、右手にもったコップの水で便器の上で左手を洗う

これで終了だ
決して左手の指以外は汚してはいけない
これが不浄の左手の所以である
その後も水を紙でふき取ったりしてはいけない
さっとパンツを履くのみだ
最初はびしゃびしゃで冷たくて大変らしいが
慣れてくるとピンポイントで狙いをさだめられるようになり
大変経済的で気持がいいとか

ぜひとも皆さんも試してほしい



紙が贅沢品?なのかどうかはわからないが
はなから使わないのがインド流
ウォッシュレットが爆発的ヒット商品になる日は近いかもしれない
by mahasatou | 2014-04-25 22:54 | Day-tripper | Comments(0)
<< confused india ... confused india ... >>