尚光堂
e0041606_23295378.jpg

人は何のために働くのか

なんて青臭い問いは抜きにして
企業が利益を出していく、ということが
必要不可欠であることは誰もが知っている事実である

僕らのオアシス「尚光堂」が
その長い歴史に一区切りつけることになった


これからはもっと自由な形で写真に接していけるようになるかも?

写真の街、塩竈になくてはならない場所
まだまだその灯は消せません
写真仲間の皆さん、頼みますよ~


長い間お疲れさまでした!

そしてこれからもよろしくお願いします!!
by mahasatou | 2014-06-01 03:06 | Special-article | Comments(0)
<< 湯主 一條 confused india ... >>