LASTBASS 2007
e0041606_13479.jpg

毎年恒例
晩秋のK沼
両者で24本の大釣りとなった、お祭り騒ぎの2005年
初雪がちらつく中の修行となった2006年
そして、今年は・・・

近年では異例とも言える11月の初雪
しかもしっかり積もるというおまけ付き
その翌日の釣行となった
いつもの様に水温の上がる午後からの出陣




e0041606_171366.jpg

投げるルアーはバイブレーションと決まっている
バイブレーションを投げるのは一年でほぼ今日だけである
10年前は年間100日以上通いつめたこの沼も
最近は3月と11月の2回+気が向いたら6月に1回、程度になっている
昔は季節を問わず、といった感じだったが
僕の行動パターンは魚とともにシーズナル化した
といってもいいだろう






e0041606_134131.jpg

同行者は毎度おなじみのテツ君
二日酔いがひどいのに僕の「ラストバス」に付き合ってくれた

いつもは信じて一箇所で粘ることが多いが
ちょうど1週間前テツ君が小バスを釣り上げた場所へ
めずらしくポイントを移動する
サイズ云々よりも今日は
「釣ること」
に、こだわりたい日

魚からルアーへのコンタクトは両者とも何度かあったが
二人のうめき声だけが水面(ミナモ)に響く

秋の陽はつるべ落とし
ストンと音を立てて落ちる
気温も一気に冷えてくる
暗くなる前に引き返す
あきらめかけた帰り際のポイント
水中の地形の変化が脳裏に刻み込まれたポイント
信じるも、信じないも、
とにかく

投げて、巻く

久々に見る、暗くなりかけた「広い」空を眺めながら
投げて、巻く
巻いては投げる






一気に暗くなりかける時間帯
かわいらしいが明確なアタリ!

キタキタキタ~~!!

ちょっと離れたところでやっていた、テツ君に聞こえるように叫ぶ
アドレナリン全開!寒さを忘れる!!

間違いなく小さな魚の沖でのヒット
 バレないように
 バレないように
竿先を水中に思いっきり突っ込み
今シーズン最大の慎重さをもって取り込む



e0041606_135969.jpg

20cmちょいのこの寒さの中でもまだまだ元気な個体
この季節にこのサイズが釣れるのは今まであまり体験したことはないが
大きな個体の荒食いは、まだこれから先なのかもしれない

「おめでとうございます!」

遠くからのテツ君の素直な声が
うれしさを倍増させてくれる

今シーズンを締めくくるバスを釣ることができたことに
これ以上ない充実感を覚える




e0041606_142929.jpg

その後、テツ君1本、僕がもう一本追加し、納竿
テツ君がラストキャストを繰り出す夕景は
例えようの無い美しさだった





e0041606_1173610.jpg

by mahasatou | 2007-11-25 01:06 | Sunday-angler | Comments(6)
Commented by sasaki at 2007-11-25 08:30 x
寒そうなバス釣りですね
ボクは来年の春まで封印です
そうです
封印
封印
ああ
はやく春にならへんかなぁ
Commented by mahasatou at 2007-11-25 10:59
寒かったです慣れるまでは
特に手がノーグローブで冷たかったです
でも、グローブしてると
なんとなく釣れる気しないので
してません
東北も、関西もやっぱりバスはシーズナルに釣れなくなるんでしょうか?
関西の真冬の気候って言っても
こっちではちょうどいい具合ような気もしますし
Commented by テツ at 2007-11-25 18:25 x
グッジョブ!
Commented by ぶんた at 2007-11-26 06:57 x
毎回素敵な写真を撮りますね。
good job!(笑)。
Commented by mahasatou at 2007-11-26 21:51
テツ君
グッジョブて
犬みたいだな
オレ
Commented by mahasatou at 2007-11-26 21:53
ぶんたさん
早朝からのご訪問ありがとうございます
ということで
正月も休まず働いてください(笑)
<< Back street in ... Noodle of sever... >>