stressless fishing
e0041606_038528.jpg

 釣りにおけるストレスは、人によって様々異なると思う。
 何よりも釣ることを最大の目的としていれば、最大のストレスは「釣れないこと」になるだろう。
 気分よく釣りをしたいとなれば、それを妨げるものを排除していくということになる。

 思い返してみると、生涯一番いやな釣りは小学生の時のヘラブナ釣りだ。
 はじめてのヘラブナ釣りで見よう見まねで道具を揃えたが、ポイントが決まらず、やっと決まって釣りを始めれば、一投目で上の木の枝に引っ掛けて仕掛けをダメにし、その後も、ゴタゴタでまともに釣りをしないで帰ってきた思い出がある。
 逆に気持ちいい釣りができたのも小学生の時で、雪の降る真冬に近所の川に釣りに行って、良型のマブナを、当時としては狙い通りに一匹釣って帰ってきたというもの。
 こんな昔の釣りがいつまでも忘れられないということは、いかに自分が成長できていないかということであり、また、釣りを始めたころのインパクトがいかに強いかを表しているのかもしれない。

 最近、渓流にばかり釣りに行っているが、今までの釣りにないストレスを感じはじめてきている。
 でも、感じはじめているストレスをいかに解消しようかと考えるのも、これまた楽しいものである。
 日常のストレスを忘れて釣りのストレスのことだけを考えられれば、それだけで幸せなのかもしれないが・・・。





e0041606_039435.jpg
 

 釣り中のストレスを高い順に挙げると


①ルアーのフロントフックがちょいちょいラインに絡むこと
 (竿先をちょんちょんやって直そうとするが逆にどんどん絡んでいく)

②視力が落ちてきたため、景観が見づらく、距離も測りずらいこと。

③クモの巣に突撃すること。

④魚を釣ってから写真を撮りはじめるまでの一連の動作。

⑤撮ろうとすると魚が逃げていく。

⑥既製品であるということ。

⑦その他いろいろ。


 これらをひとつひとつ潰していきたいと思っている。
 まあ挙げてみれば基本的なことばかりではあるが・・・
 それをできる限りお手製で解決していきたい。














これが現時点で最大のストレス。これともうひとつ何かが加わると、とてもイライラする。
解決策は絡むフックのないルアーをつくること。


これは難しい。近視+乱視の僕は、眼鏡をかけないとぼやけて距離が掴めないが、かけると視界が歪んでこれまた距離が測りずらい。
また、偏光でなければ水中が見えない。
乱視用コンタクトという手がある。


これは②と連動している。クモの巣があるということは先行者がいないといういいシグナルではあるのだが・・・


足場の良い川ではnikonを首からぶら下げたまま釣りをする。
雨降りや足場が悪い場合はナップザックで携帯する。
今の自分の中では首からぶら下げるほうに軍配が上がっている、が、肩がこる。
(まだ、水没の経験がないからか?いや、フィルムカメラはないが、デジカメは一度お釈迦にしている)


これはネットを持っていかないというせいもある。
お手製ネット作成中。


機能的には既製品のほうが、手作りのものより圧倒的に優れているのは当たり前なのだが、
今の僕としては、お手製品で遊ぶというのが一番の喜びになっているわけで、どんなストレスを背負おうともそこはこだわっていきたい。今は。
と言いながら、ミノーはプラ。製作は途中で止まっている。




e0041606_0392335.jpg

 こんなことを書いておいて、次回いつ釣りにいけるかも定かでないところが悲しい。
 まあ、何年掛かってもいいから死ぬまでに理想の釣りをしてみたいものである。

 そんなもの存在しないのかもしれないが・・・
by mahasatou | 2008-07-16 00:41 | Sunday-angler | Comments(2)
Commented by ikasasikuy at 2008-07-18 10:19
たしかにそうですね
日頃のストレスを解消するための魚釣りが
日常のストレス以上にストレスが多い
なるほど
特に渓流(源流)釣りは地形的にストレスがあります
釣りだけでもストレスがあるのに
写真と言うストレスまで背負い込んでます
リリース派ならまだしも
キープしてイートする派なら
クーラーボックスじゃ氷じゃ保冷剤じゃとたいへんです
ボクは海で船釣りもしますが
瀬戸内海オンリーです
太平洋や日本海へ出ると
魚と闘う前に乗物酔いと闘わねばなりません
つらいですよこれ
それに
年齢を重ねると
体力的ストレスも相当です
「渓流へ行かなくなった」
「磯釣りをしなくなった」
というのも
いままで平気で飛び越えていた岩が
飛び越えられなくなったからかもしれません
二十、三十代と
四十、五十代とではまったくちがいます
それでも釣りはやめられない
そして
理想の釣りを追い求める
まあ
釣り人の性ですかね
Commented by mahasatou at 2008-07-19 22:38
いつも釣りに貪欲なささきさんの姿はすごいですね
やったことがある釣りよりもやってない釣りのほうが少ないんじゃないでしょうか?
今度はカニトリーナですもんね
僕なんか狭く浅くです
どっぷりと釣りだけできるようになるのは
60いや65すぎてからでしょうか
あ~50くらいで仕事辞めて遊びたいなあ
<< Maha craft pic... Large flower th... >>