カテゴリ:Scrap‐collector ( 247 )
アナログポスト
e0041606_21564555.jpg

先日投稿したポストのフィルム版である
夜のスナップはデジタルに分があるような気もするが
やはりフィルムにしか出せない味もある
(フォトショップで大きく補正しておいて言えた義理ではないが・・・^^;)



e0041606_2220465.jpg

あの撮影会の後、精鋭5名でささやかな?反省会をし
その後ひとりで飲み歩いて撮った写真だが
酔っているせいもあってまともに映っていなかった

そんなことはどうでもいいのだが
フィルムが切れそうな最後の最後のほうで
大通りから一本入った路地の、やや怪しげなネオンを撮ろうとしていたら
たまたまそのネオンのあるドアから
ちょうど、これまた怪しげなカップル(死語)が出てきた
フィルムを巻きあげて撮ろうとしたが
もうフィルムは残されていなかった
構えていたカメラを降ろし、「う~ん残念」と(心の中で)思っていたら

「何撮ってんだお前!」

出てきた男に怒鳴られる
歳は60くらいか(ちょっとチンピラ風)
50くらいのホステスと腕を組んで歩いている

「いやぁ・・・撮れなかったんです・・・」

まさに下手な言い訳のようになってしまったが、事実である

「なに~!今撮ってだべや!」

「いや、だから、フィルムがなくなって・・・」

「なに!このやろう!」

「いや・・・このぉ、この・・・巻きあげが・・・」

僕がなんと言おうと理解できないだろう
なんだかんだと文句を言いながら
そのカップル(死語)は歩き去って行った・・・

怒った男の気持ちも分からなくはないが・・・^^;



e0041606_22201819.jpg

僕がこんなおっさんじゃなくて女子高生なら?
カメラがNIKON FM2じゃなくてコンデジなら?
カップル(死語)が夫婦なら? ^^;



写真を撮るという行為を理解されない部分や
理解されない「人」がいるというのは
これはもう、どうしようもない事実であり
それは大いに認め、尊重するところなのだが

別にそんなもん撮らんでも
それのなにが楽しいの?
と言われても
もう、どうしようもなくなっている
「自分」がいるのです


気をつけよっ ^^
by mahasatou | 2013-03-15 23:01 | Scrap‐collector | Comments(2)
digital
e0041606_23423733.jpg

先月、尚光堂さんで行われた「夜のXセミナー」に参加しました
僕はFUJIFILM X-Pro1というカメラをお借りしての撮影でした
141カット、シャッターを切って自分の中で納得したのは上のワンカットだけでしたが ^^;
その夜はなんかこう、久々にワクワクする気分を味わえました

今、その時を振り返って、撮ったものを見直すと
そんなにワクワクしない自分もいますが・・・
でも結構いい写りしてません?

むむむ~ 悩ましい
by mahasatou | 2013-03-02 00:14 | Scrap‐collector | Comments(2)
FILM
e0041606_2117358.jpg

僕がフィルムで写真を撮るようになったのは2007年3月
まもなく6年が経とうとしてる

でもこれもおかしな言い方である
長年のキャリアがある人であれば
「デジタルカメラで撮るようになったのは」
となるところである

単純に、普通に、旅行や釣りの記録として撮っていたのが
2005年からブログをやるようになってから
小さなデジカメでブログ用に写真を撮るようになった

銀塩で撮るようになった理由はよく覚えていないが
単純に「かっこいい」と思ったからだろう
本物、元祖的なもの、古いものへの憧れといってもいいかもしれない

きっかけはなんにせよ、この趣味?は6年間続いている
デジタルだけだったらこんなに続いていなかったんじゃないだろうか


e0041606_2117558.jpg

1年前パソコンを自らリセットしてしまい
PC内のデータをすべて失ってしまった
バックアップとしてディスクに保存していたのは2010年2月まで
デジタルカメラで撮ったものはあまりなかったが
震災後の周辺の様子をデジタルで撮ったものはすべてなくなってしまった
このフィルムの袋は2010年3月から2011年12月までのもの
リアルタイムで撮っているフィルムスキャンの合間に
少しずつ過去のものもスキャンし直している

もっぱらフィルムは現像のみ依頼して
デジタルスキャンでPCに取り込むということの繰り返し
「プリントまでが写真の醍醐味」なんだろうけど
超スローペースな僕としては撮るまでの過程だけで
今のところ満足してしまっているのかもしれない

もともとの写真のスタートが今のスタイルに繋がっているのか
プリント=作品、といったイメージが強く
なんかこう、こそばゆい感じがするのも
まだまだ僕が青い証拠でもあるが
そろそろモノクロプリントにはチャレンジしたいし
デジタルにも触手が伸びそうな今日この頃である
by mahasatou | 2013-02-24 22:21 | Scrap‐collector | Comments(2)
tokyo
e0041606_18212279.jpg

このブログ、スマートフォンからも投稿できるんだな
当たり前と言えば当たり前だけど
今までやったことはなかった

世の中いよいよ情報発信が不可欠な時代
それが企業であれ、団体であれ、個人であれ、である
がんばっていれば誰かが認めてくれる、
そういう時代は終わってしまったのかもしれない
溢れかえる情報に埋もれて
本物が見えづらくなるとともに
本物を探しても見つけ出しにくい状況にもなっている
モノやサービスの情報は絶えず発信し続けなければ見つけてもらえず
人としての発信力しだいでは自分を取り巻く環境に大きく影響する

今日、東京で大きな食品の展示会を見学した
目で見る情報のほかに舌や鼻からの情報の坩堝のなかから
本物を探し出すことは容易ではない
ただ、発信するのとしないのでは天と地の差があるのも事実

個人的には自分の葬式にどれだけの友人が足を運んでくれるか
を意識しつつ、情報の発信を少しずつ増やしていこうと
初めてモバイルからの投稿をしようとしている。ポチッ
by mahasatou | 2013-02-14 18:53 | Scrap‐collector | Comments(4)
トリ、イヌ、ヒト
e0041606_22482133.jpg

この前も言ったが今年は雪が多い
太平洋側の雪が多いと言ったほうがいいかもしれない
いや、日本海側も多いかもしれない

先日、日曜日に結構な雪が降ったので
近所の沼に写真を撮りに行った

白いトリ
白いイヌ
白い服を着たヒト

ちょっとわかりづらいが
そこに突如現れた一翼の鳶
ごちそうを横取りしようと
何度も急降下してくる鳶に
タイミングをあわせてシャッターを切った
でもうまく撮れていなかった
ほんとはもっとまぶしい
いい天気だった
絞りすぎたのかもしれない

白鳥は一羽しかいなかった
他の鳥もいつもより少なかった
でもヒトは結構多かった
by mahasatou | 2013-02-07 23:07 | Scrap‐collector | Comments(0)
蔵王連峰
e0041606_10385711.jpg

僕の実家は山形県山形市にある
四方を山で囲まれた盆地であるため
今住んでいる宮城県太平洋側の展望とは
だいぶ異なるところがある

正月に実家に帰った時
心配されていた雪はそれほど降っておらず
順調に山形道を通過し、実家に帰るいつもの田園地帯と通った時
見慣れているはずの蔵王連峰に
午前中のまぶしい光と取れ切れていない雪雲が重なり
神々しくも見えた

地元を離れて23年
山形の四方の山々は
裏切り者の僕を
いつでもやさしく向かい入れてくれる
by mahasatou | 2013-01-27 10:52 | Scrap‐collector | Comments(0)
e0041606_21583672.jpg

いやぁ、積りました
こちら宮城県沿岸部では10年ぶりの大雪だそうです
久々にスコップ(もしくはシャベル)出動です

前にも書いたことがありますが
この雪、子供のころは大喜びだったんですがねぇ
いつのころからか全くうれしくなくなりました ^^;

雪による商品の延着
そもそも明日、会社は操業できるのか?
いやはや、考えるだけでいやになります

ただし、アマチュア写真家の眼で見ると
この風景は特異な風景
先日も所用で山形に行った際には
光り輝く雪景色を撮影してきた、つもりです・・・^^;
でも、雪国の人から見れば見飽きた、うんざりする風景でもあるでしょう

写真はちょうど1年前に泉ヶ岳スキー場で撮ったものです
ここはそり専用のゲレンデでした
スキー板やボードを持たずに写真機だけを持って
普段着で一人で撮りましたが・・・
その場の空気の寒さや光と風を表現するには
まだまだ修行が必要のようです ^^
by mahasatou | 2013-01-14 22:23 | Scrap‐collector | Comments(2)
あけましておめでとうございます
e0041606_22142457.jpg

本年もよろしくお願いいたします

by mahasatou | 2013-01-03 22:16 | Scrap‐collector | Comments(1)
京都 夕食
e0041606_23164679.jpg

一件目「喜幸

この店では
いい雲古の出るものを
食べさせてくれます。
保証します。

開高 健

このコピーに釣られて入った店


e0041606_23165947.jpg

二件目「葱や平吉

喜幸はこじんまりとして料理もおいしかった
豆腐、鱧落とし、アユの背越しはうまかった
日本酒は飲みなれた宮城の酒のほうがうまいと思った

二件目を探していると店先に京野菜を並べている店を見つけた
ひとつ失敬しようかな、と思っていたら中から店員が出てきた
失敬しようとしていたのは大きな万願寺ではなく
写真一枚だった
撮ってもいいですかと聞いたら暗闇の中でこの笑み
(アンダー過ぎてよく写っていないが)
店の雰囲気や個性的なメニューはよかったが葱は僕には固かった
今、調べてみたら全国展開している店
仙台にもあったとは知らなんだ・・・^^;
by mahasatou | 2012-07-27 23:28 | Scrap‐collector | Comments(0)
waterside
e0041606_21242715.jpg

by mahasatou | 2012-06-14 21:25 | Scrap‐collector | Comments(0)