カテゴリ:Sunday-angler( 70 )
デブルイネ・ブラック
e0041606_2157999.jpg

最近、何かとバスづいている

そこに届いた 泥水本舗製 「デブルイネ・ブラック」

バス釣りとは何ぞや?
その答えはこのルアーが教えてくれる
ような気がする


e0041606_21445528.jpg

日曜の今日は一日雨の予報
まったりと家で過ごす予定だった
案の定、朝からそぼ降る雨
がしかし、15時をまわったころに雨が上がり、日差しが出てきた

ふと思い立って、自転車にまたがり近所の沼へ

近所の沼・・・
前回この沼に来たのは2014年4月
2年3か月ぶりだ
過去には1年間で200日通っていた沼だったが・・・

自転車でたったの5分
まさに近くて遠い場所になってしまった・・・

この時期はリリーパッドで覆われているのはわかっていたので
なるべくデブルイネが使いやすそうなエリアに向かう
日中雨だったので、そんな釣り人もいないはず

案の定、そのエリアに釣り人は皆無
対岸に2人見える

もちろん結ぶルアーはデブルイネ1本勝負!




このルアー
肝はペラだ

大き目のペラが、少しのアクションでも気持ちよく回る
強めの引けばジョボッ!!
弱めにすればチョボ!
超弱め、ラインテンションだけでもペラがシュルルルと回転する




ポイントを休ませながら釣ること30分
岸とリリーパッドの間にロングキャスト

しばらくポーズ










ジョボッ!!とワンアクション
ポーズ



チョボチョボと2回
ポーズ



20ポンドのラインテンションだけで引く
ペラだけがシュルルと回る
ポーズ



するとルアーに向かって
横3mからバスが襲う様子が
波形になって見える
スーーーーーーーー


く、来る~~~っ!!












ジョボン!


昆虫を捕食する静かな出方だ

ヘビーロッドに20ポンド
水草対策ばっちりのタックルがのされそうになる
強引に寄せようとしても寄らない?
ボクも歳をとったもんだ



うりゃー




何とかリリーパッドの森に入られる前に
おっさんの意地を見せた





e0041606_2210554.jpg

Mustad7826ががっちりフッキング



e0041606_22111622.jpg

47cmの暴れん坊



e0041606_22112690.jpg

仕事を終え、誇らしげなデブルイネ



e0041606_22114276.jpg

ここで出ました




e0041606_22122239.jpg

年間200日
ほとんど夜だけ通っていた
クリアーウォーターで明るいうちは釣りづらい
と思っていた

でかいルアーにでかいペラ
で、小さめアクション

しかし、いい出方だった
いいファイトだった
久しぶりに血が騒いだ

でかバスはこの森にたくさんいる
カブトムシやクワガタ
そんなのをいっぱい喰ってるんだろうか
と想像を膨らませるのが楽しい


結局のところ
どう釣るかだ
どう釣りたいか だ



バス釣りとは何ぞや?

見えそうで見えないその答えは
ますます闇の中へ・・・

これだから釣りは・・・






e0041606_22123257.jpg

あ~ 楽しかった
ささきさん、ありがとうございます

by mahasatou | 2016-07-03 23:22 | Sunday-angler | Comments(2)
マス釣り
e0041606_137025.jpg

今年はめずらしく、ブラックバス釣りからスタートした僕の釣り
やっぱりいつもの川に行かないと落ち着かなくなってきて
桜が散らないうちと思い、現地に向かった

前の日に夜中の2時まで飲むという
釣り人の風上に置けない僕である
釣りを開始したのは、案の定14時をまわっていた

とりあえず、ひとつ目のポイントまで急ぐ
一番安定した釣果のある場所だ

いともたやすく?
5投目くらい?でゴゴンときた

そしてすぐさま

ジャーンプ!

ジャーンプ!

ジャーンプ!!

跳ね続ける


もしや・・・






e0041606_13151440.jpg
ネットイン!!







































e0041606_13154317.jpg
僕の定番、蝦夷の赤金を丸呑みした30ちょいのレインボー



しょっぱなからレインボーとはめずらしい
しかも、いい型、いいカラダ・・・


しばらくモデルをお願いした

e0041606_13205528.jpg


e0041606_1321725.jpg


e0041606_13212390.jpg
レインボーってこんなに綺麗だっけ?





5投で満足して、帰ろうと思ったが
もう一回投げてみると


e0041606_13245619.jpg
かわいいヤマメ



なんとなくもう一投


e0041606_13261573.jpg
かわいいイワナ




3連続で終了、帰れなくなる・・・




その後ポイントを移動、ここは例のヤツがいるところ

やっぱり!
ガツーン!ときた
明らかにでかそう

ヤツか?
ついに記録更新か!

8年目の根曲り troutin stickが限界までしなる

足元まで寄せてきても、なかなか浮かんでこない
しばらくして見えてきた顔はイワナだった
若干、意気消沈・・・

ただこのイワナ、尺を裕に超えている

暴れまくっているうちに
3本かかっていたフックが

ブチン!とひとつはずれ

また、ブチンとはずれ

最後のひとつも

ブンッと外されてしまった・・・

ああ~~

後悔バレてからたたず・・・


画になるいい魚だった、かもしれない



e0041606_1347437.jpg
夕日の枝垂れ桜


その後、キャストしているとロッドのリールシートの上あたりに
グニャっと感が現れる

折れたか・・・(2度目)

本当に限界だったようだ

でも、ちょっとうれしい・・・



e0041606_13472542.jpg

by mahasatou | 2015-04-29 13:59 | Sunday-angler | Comments(0)
ブラックバス釣り
e0041606_21492367.jpg

ブラックバス、略してただ「バス」ともいう
ブラックバスが日本に入ってきたのが1925年のことだから
今年で90年ということになる
僕が最初にブラックバス釣りを始めてからもう36年経っていることを考えると
なんだか感慨深いものがある

今年初めの釣りはなぜだかバス釣り、ということになった
会社の後輩から情報を聞いてしまったからだ
大概こういう情報はあてにならない
いい思いをしたことがない
なのになぜバス釣りに行ってしまったのか
自分でもよくわからない心境の変化である


15年前と一切変わっていないタックル
何年前に巻いたかわからないラインをそのままに
昔の記憶を頼りに現場に向かう
腹ごしらえのラーメンを食べ終え
昔はなかった遊魚券を買い求めて
釣りを開始したのは14:00になっていた
(毎度の超スロースタート)
夕方から風と雨(ついでに雷)の予報が出ていたが
まだピーカンの青空


こりゃ厳しいかなと思ったが
今日はワイヤーベイトで釣りたかったので
懐かしのVフラットで葦や蓮の立ち枯れの表層をバジングしながら流していく
Vフラットのシングルウィローで水面を割るか割らないかのスローリトリーブで
水面に波形をつくっていると

ボッコーン!!

ドバシャーン!!

その波形もろとも Vフラットのまわり50cmの水を
すべて吸い込んだような強烈なバイト
さらにもう一度もんどりかえって反転する
野生の捕食!!

36年間のバス釣りでも5本の指に入る
気持ちのよいバイトであった






あがってきたのは

e0041606_21493492.jpg


ポットベリーな48!

タックルはMr.DON Rookies MR66MH+初代アンタレス
20年近く酷使してきた、僕の最強コンビ

ああ、懐かしい思い出がよみがえる・・・







楽しかったあの頃
バスを釣ることしか考えていなかったあの頃
年間300日近く、バス釣りしていたあの頃
夢の中でもバス釣りしていたあの頃
たくさんの友の顔が目に浮かぶ・・・



e0041606_22312275.jpg

若かったなぁ・・・^^;

by mahasatou | 2015-04-15 22:27 | Sunday-angler | Comments(0)
zakko fishing spring 2014
e0041606_22142793.jpg

ザックジャパンならぬザッコジャパン
宝石の宝庫であった秘密の場所が
津波によって壊滅して以来
久しぶりの雑魚釣りに行ってきた

何年も前の記憶を呼び起こそうとするが
その川にはなかなか辿りつかない
前の車のカーナビゲーションシステムという道具は
津波の被害にあった後
その翌日には車上荒らしによって
きれいに略奪されていたため
僕の脳内での記憶もきれいさっぱりなくなっていた

やっぱり記録は紙だな
ということで、最近マップルを買いなおし
今後に備えている



新しいカーナビゲーションと記憶を頼りに
やっとその川に辿りついたのは
例のごとく、日の入り寸前だった


e0041606_22144294.jpg

黄身練りに最初に喰らい付いたのは
ブルーギルだった
ギュンギュンと竿を絞り込む


e0041606_22145330.jpg

次に来たのはモツゴ
この辺ではシナイモツゴも生息しているらしいが
これはたぶん普通のモツゴだと思う
モツゴとシナイモツゴの決定的な違いは側線の長さで
側線が途中でなくなっているのがシナイモツゴなのらしい
今度はしっかりと確認しよう


e0041606_221548.jpg

震災前もよく釣れたオイカワ
子供のころによく見ていた釣りの本に

「おい、川にオイカワ釣りにいこう!」

というダジャレが載っていたのを
釣るたびに思い出す



e0041606_22151323.jpg

おなじみのモロコ
通称「泥鯉」

こうやってフィルムに収めると
う~む、実に美しい魚体である


ここでは以前カネヒラが釣れた
今回は釣っても釣ってもカネヒラだけは釣れなかった
でもカネヒラ以外は以前と同じように釣れたから
かなりうれしかった

次回はカネヒラも釣れると思う


e0041606_22152310.jpg

by mahasatou | 2014-06-19 23:04 | Sunday-angler | Comments(0)
春の釣り
e0041606_22404891.jpg

ここ数年お気に入りの釣り、川、魚
手軽で、そこそこ釣れて、他に釣り人もいない
たまにいいサイズもでる

いつものように朝寝坊
平日の休日
昼飯のらーめん屋巡りを終えてから
釣りの開始は13:00

水は濁り気味、魚の反応は薄い

e0041606_2239251.jpg

今年の初魚、かわいいヤマメ


e0041606_22391269.jpg

何年振りかで釣り人を発見
スタイルは僕とほぼ同じ
何だか自分を見ているようで恥ずかしい
歳は僕より相当若いけど・・・


e0041606_22392260.jpg

小さなイワナも釣れる

あまり実績ない堰堤
釣り上がるも釣れず
高さがある堰堤で越えられない場所
仕方なく川を下ることに・・・

途中なぜか妙に気になり、釣り上がるとき散々キャストしたポイントを
違うルアーでもう一度攻めてみる

すると・・・







ゴ、ゴンときた

7シーズン目を迎える
mahacraft 根曲りTroutin Stick 5.8ft
+MITCHEL408のコンビ
が唸りを上げる

数十秒後、Maha craft picture netでランディングを試みるも
でか過ぎて入らない?

何とかそのまま岸まで誘導してキャッチ!





e0041606_22393338.jpg


e0041606_22394443.jpg

恒例のブルック!45!

2008年春 37cm
2011年春 ?cm
2012年春 38、43cm
2013年春 45cm

と、同じ魚を釣ってるわけではないのに
少しずつサイズアップしている
しかもいずれも春

この調子でサイズアップすると
僕が60歳になるころにはメーターオーバーになるはずだ


e0041606_2240461.jpg

ルアーは蝦夷のちょっと潜るやつ
これに変えたら一発で喰ってきた
フロントもリアもフックが伸ばされかかっていた


e0041606_22401599.jpg


e0041606_2240241.jpg


e0041606_22403472.jpg

毎回言っているが
渓魚の繊細な色彩をフィルムに収めることは難しい
光の角度によって七変化する体色を
毎回、夢中になって撮っている
苦しい思いさせてごめんね


魚にせよ、風景にせよ、人や物にせよ
記憶の中の色を再現するのは無理というものだ
記憶の中の色は脳内で成長し続けるからだ
その記憶を鮮明に蘇らせる手助けになるのが写真だ

でも写真がなくても脳内での色彩は暴走することがある
その暴走を食い止めるのも写真の役割か

逆に色彩を自由に回想できるモノクロは、余計な情報がない分
ある意味、その情景を脳内で忠実に再現できる役割があるのかもしれない


e0041606_05261.jpg

by mahasatou | 2013-05-24 23:54 | Sunday-angler | Comments(2)
7年目
e0041606_16204166.jpg

今年で7年目に突入するコンビ
竿のほうは何度かリペアを繰り返し
リールのほうはガタがきている


e0041606_1620543.jpg

日曜日の山間の農地はもう少しで春といった様子
時間が止まっているようにも見える


e0041606_1621751.jpg




e0041606_16211864.jpg




e0041606_16213110.jpg

このあたりは畜産農家が多く
どの家も牛を飼っている
庭先では子供が元気に遊ぶ
牛は寄ってきてくれたが
子どもたちは僕の姿を見つけると家の中に入って行った・・・


e0041606_16214114.jpg




e0041606_16215120.jpg

ということで
まだまだ使えるということがわかったこのコンビなのだが
(魚の姿は1匹だけ目視確認・・・^^;)
リールの調子がどうもおかしい

先日Facebookにいいことが。
僕の友人が友人にリールをメンテナンスをしてもらっているのを発見
持つべきものは友だね
バスウさんっ!
by mahasatou | 2013-04-03 16:42 | Sunday-angler | Comments(2)
毛鈎釣り再び
e0041606_2218516.jpg

あの悪夢から3年が過ぎていた
時の経つのは残酷すぎるほど早い
この3年間僕は何をしていたのだろう
ふと思いついたようにフライロッドを修復した
折れた部分にステンレスのボルトを突っ込み
タコ糸とエポキシでがっちりと固定
以前より強くなっているような気がする
骨折と同じだ(したことないが・・・)


e0041606_22181858.jpg

フライでの釣行は9/16と9/30の2回
いつものように切羽詰まっての行動
これは治らない

しかし今年の残暑はすごかった
毎年同じことを言っているような気もするが
間違いなく今年はすごかった

9/16
雨もなくコンディションは最悪
そこにあえて手製のフライタックルで挑むとは
僕の変態度もレベルアップしている

一度だけフライへのライズがあって
思いっきりテンションが上がるも続かず・・・


e0041606_22183119.jpg

9/16 あまりの暑さに途中すべてを投げ出してしまった図


e0041606_22184794.jpg

この蝶はなんというのだろう
持って行った300mmで蝶を撮って9/16は終了



e0041606_2219196.jpg

9/30
2.3日前に大雨が降った
水量はやや回復
しかしながら大型台風接近中
うまくフライをキャストできるか?

今回巻いていったパラシュート
やっぱり見やすくて浮きやすくて使いやすい
アップストリームでキャスト
スラッグをとりながら手前に流してきて
フライが沈みかけた瞬間

「ギラリ!」

魚体がフライに喰らいつく

あまりにブランクがあるため
ほぼ初めてに近いアワセは
激遅!

でも掛っててくれた!



e0041606_22192491.jpg



e0041606_2219407.jpg

僕の3年間の溜飲を下げるカワイイ虹鱒



e0041606_22572196.jpg

その後、ルアーなら楽勝でしょ!
とミノーで挑むも、全く反応なし
そういう問題ではないらしい
まだまだ奥は深い


e0041606_22195669.jpg

それにしても、こう残暑が毎年続くと
渓流の遊漁期間が9/30で終わるということに
なんとなく疑問を感じなくもない
東北ですらこうなのに
西日本で9/30だったら、まさにまだ真夏
もちろん魚を保護するためなのはわかるが
あと2週間いや1週間でいいから延長して!
と願うのは僕だけだろうか?
by mahasatou | 2012-10-10 23:08 | Sunday-angler | Comments(2)
いつもの川
e0041606_21232494.jpg

ここ最近いつも最初に魚を釣る川
実はこの前に一回釣りには行ったのですが、釣れませんでした
この日は数日前の雨と雪代で春の程よい増水
いままでほぼあぶれなしの川なので
やはり昼ごろからのスタートとなりました ^^;


e0041606_21233496.jpg

河川敷は満開の桜
でも今回は釣りに専念


e0041606_21234389.jpg

実績のあるポイントで空振り!でしたが
場所を変えて今年のファーストフィッシュはヤマメでした

釣り上がって、その後ぱったりと釣れず・・・
ほぼ最後の堰堤で

やっぱりいました!

e0041606_21235241.jpg

恒例のブルック!
38cm!


e0041606_2124043.jpg

上流の管理釣り場から逃げ出したものが定着しているようです

e0041606_2124837.jpg

たて続けに小さなイワナ

これでもう満足していたのですが・・・
リスタートの数投目
滝の上にキャストして
ミノーを滝に飲み込ませると・・・
ん?根がかり?

ごん、ごん、ごん!
魚、魚!
重い!
5年目を迎える「mahacraft 根曲りTroutin Stick 5.8ft」が悲鳴をあげる
折れるか?
MITCHEL408からラインがでていく
ぎゅるるるるる~~~
でも何とかネットイン


↓フィルム切れでここからスマホ画像
e0041606_21241937.jpg

ごっつい!43cmブルック♂



e0041606_21242779.jpg


e0041606_21243696.jpg

朱点も鮮やかで美しい



e0041606_21244436.jpg

渓流のシュチュエーションとはちょっと違う中流域なんだけど
これがあるからやめられない、次は秋に行こう



渓流魚の繊細な色彩の再現はやはりデジタルに分があるか?
ポジで撮ったことがないから何とも言えないけど
ネガでは敵わないかも・・・
かといってきれいに撮ることだけが目的じゃないしね ^^
by mahasatou | 2012-05-06 22:15 | Sunday-angler | Comments(4)
モノクロ渓
e0041606_2120238.jpg
いい天気



e0041606_21203351.jpg
水かさまあまあ



e0041606_21204018.jpg
蜘蛛の巣すごい



e0041606_21204780.jpg
なぜかアブラハヤ



e0041606_21205578.jpg
小さいけど綺麗なヤマメ



e0041606_2121286.jpg
糸トンボ



e0041606_21211175.jpg
木漏れ日がきれい



e0041606_2121192.jpg
でもなぜかモノクロ

by mahasatou | 2011-07-27 21:21 | Sunday-angler | Comments(0)
釣り
e0041606_050975.jpg

気がつけば6月になっていた
休日の午後、毎年一発目に訪れる川
数日前の雨で水量はほぼMAX


e0041606_0501975.jpg

超高速リトリーブに反応して来る
ふにゃふにゃの竹竿とお古のミッチェルを限界まで酷使する
かかった岩魚が激流に流される
魚とルアーごと川底の木の枝に絡んでしまったが
なんとか引きずり出した


e0041606_0502877.jpg

ポイントを移動してねばると・・・
着水と同時に重い当たり
これは前にも体験したことがあるぞ

同じ堰堤の同じ場所
ここは彼の特等席だ
いつも邪魔してごめんなさい
ちなみにゴトジさんもここで同じような魚を釣っている


e0041606_050363.jpg


e0041606_0504493.jpg


e0041606_0505356.jpg


e0041606_05124.jpg


e0041606_0511166.jpg


e0041606_0512018.jpg

最後にきれいな虹鱒が釣れた
虹鱒をルアーで釣ったのは初めて
by mahasatou | 2011-06-23 00:52 | Sunday-angler | Comments(2)