カテゴリ:Sunday-angler( 70 )
small fishing on rainy day(2)
e0041606_2159189.jpg

         予想どうりのそぼ降る雨の中
         おなじみモロコも釣れた







e0041606_21594383.jpg

♀らしき個体







e0041606_220568.jpg

♂らしき個体
地味ではあるが味のある色彩







e0041606_2201363.jpg

上と同じ個体
容器にいれて白いコンクリートの上に置くと
タナゴの体色も白く変化する
 





e0041606_2203588.jpg









e0041606_2205179.jpg

朽ちた和船の縁に置くと体色は濃くなってくる
なぜかタナゴたちは黒い方向へ、下へ下へと行こうとする
これは習性か







e0041606_221940.jpg

最後に綺麗なオイカワが釣れた       










e0041606_2212470.jpg

初めての川であったがそこそこ釣れたと思う

釣っている間、そこら中で
「ボコッゥ!」
「バコッゥ!」
と捕食音が聞こえる
葦際に近づくと大きめの魚が「バシャ」と逃げていく
なんだろう、バスか?
そんな音を何度も聞いていると
あれほど大好きだったバスが憎たらしく思えてくる
「お前ら何するんだ」
と思う

握っている竿が「青一号」ではなく「バスロッド」だったなら
そうは思わなかったかもしれない
嗚呼、僕は実にわがままな釣り人だ
ああ、複雑な気分だ








e0041606_2255386.jpg

by mahasatou | 2006-05-29 22:02 | Sunday-angler | Comments(4)
small fishing on rainy day(1)
e0041606_2263535.jpg

        今にも降りだしそうな空の下
        見知らぬ川に糸を垂れる
        ここには何がいるのだろうか






e0041606_23582624.jpg









e0041606_221511.jpg

        コンクリートのきわで明確なアタリがでる
        ストーンと浮子がもっていかれる今までにないアタリ
        あがってきたのはオイカワだった
        ♂か♀かはよくわからないが、たぶん♂だろう
        ああ、僕がこの魚を釣ったのは19歳以来だ
        フライフィッシングのキャストの練習中に相模川で釣ったなぁ
        しばしタイムスリップする・・・・・・
        
        何匹か釣れたところで移動する



e0041606_235295.jpg









e0041606_23212219.jpg

最初はまたオイカワが釣れたが
それとはまったく違う小刻みなアタリにあわせると待望のタナゴが!
ん~~名前はわからないが間違いなくタナゴ
タナゴが釣れるとうれしい
 
この釣りをはじめた頃は釣れればどんな魚でもうれしかったが
この形、この色、この眼つき、この顔つき
タナゴは人(僕)を惹きつける何かがあるようだ




e0041606_2330992.jpg

by mahasatou | 2006-05-28 23:12 | Sunday-angler | Comments(2)
hometown brook fishing
e0041606_21311098.jpg

         実家に帰った

         最近のマイブーム
         その辺の小川に何かしらの魚を釣りに行く
         姉、姪2人、妻を引き連れて実家周辺の用水路をまわる
         僕が小学生の頃、いくらでも小鮒が網ですくえた水路は今も健在なのだろうか

         網で獲るというならばどこでもいいが
         釣るとなるとそれなりの条件が必要
         それは水深。
         小一時間探してやっと見つけた川の中にある小川(どこかに似ている)
         青一号二号で糸を垂れる




e0041606_21312085.jpg











e0041606_21312818.jpg

 なんとか釣れた魚は「アブラハヤ」
 3匹釣れた
 粘液の分泌が多いらしく
 油を塗ったようにぬるぬるするところからこの名前になったようだ
 確かにヌルリツルリとしている









e0041606_21313626.jpg

         水槽に入れていると体側に明瞭な縦線が浮きでてくる









e0041606_21314157.jpg

              なんとか釣れて叔父の面目躍如とあいなりました
by mahasatou | 2006-05-17 21:31 | Sunday-angler | Comments(2)
bass fishing in 86
e0041606_22162965.jpg











e0041606_22163616.jpg











e0041606_22164320.jpg










e0041606_2216516.jpg

某A県の聖地と呼ばれるところにバス釣りにいった
あまりよい状況ではなかったようだが
ボートでのバス釣りを久方ぶりに楽しんだ
by mahasatou | 2006-05-15 22:21 | Sunday-angler | Comments(1)
Rosecolor scale(2)
e0041606_22495285.jpg

ヨシノボリの一種
瑠璃色の斑点があるためルリヨシノボリと思われる
今釣最高の珍客
体表の瑠璃色、第2背鰭の黄色、胸鰭の朱色はカメラでは表現できない色彩である






e0041606_2250112.jpg








e0041606_22501099.jpg

モツゴと思われる個体
これも初魚である
体色が黒ずんでいるのは産卵期のためか
一筆一筆墨を入れたような繊細な色彩









e0041606_2250194.jpg












e0041606_22502890.jpg

赤の発色が著しい個体










e0041606_22503896.jpg

体高、色彩ともほぼパーフェクトな個体
頭部から背部にかけての盛り上がりがすばらしい
直射日光を当てるともう何がなんだかわからないほど
この世のすべての色彩を映し出すかのように輝く
      
バラタナゴの バラ は
薔薇 の意
薔薇のように派手で美しいということなのだろうが
それどころではない










e0041606_22505085.jpg

今回も大満足ではしゃぐ筆者
シャツは意識したわけではないがなんとなくタナゴ色










e0041606_2251072.jpg

今回も十二分に仕事をしてくれた
根曲がり青一号と
かみさんのために用意した青二号
      









e0041606_22511078.jpg

by mahasatou | 2006-05-12 22:51 | Sunday-angler | Comments(0)
Rosecolor scale(1)
e0041606_22481652.jpg

      GW半ば、雑魚釣りに行く
      めずらしくかみさんを連れて行く
      この釣りならルアー釣りのようなわずらわしさはないので誰でも出来る








e0041606_2248236.jpg

淡い発色のタイリクバラタナゴ♂
体高もあまりない






e0041606_22483011.jpg

青の発色が強い個体
見事な体高







e0041606_22483896.jpg

撮影のしかたによっても体色は変わってくる(上とは別個体)








e0041606_2248461.jpg

   モロコの一種









e0041606_22485487.jpg

   ギンブナ










e0041606_2252302.jpg

by mahasatou | 2006-05-11 22:49 | Sunday-angler | Comments(4)
floater bassing(2)
e0041606_20573420.jpg

          ピーカンの天気ではあったが夕方寒風が吹き込む
          長袖シャツ一枚では寒くなってきた
          実釣時間2時間30分
          結局一匹のみで終了
          まあ釣れたからよしとしよう






e0041606_20574313.jpg

          後片付けをしていると
          オーバーフロー方式で下の貯水池に流れ落ちる水路に
          行き場を失った魚を発見、バスだ
          一度脱いだウェーダーを履き、持っていたタモで救出を試みる




e0041606_20575117.jpg

                        第一救出魚!






e0041606_2058890.jpg

                        第二救出魚!







e0041606_20575859.jpg

                        第三救出魚!
                        これで全員救出完了しましたぁ!!
                        釣りよりこっちのほうが面白かったりする








e0041606_935099.jpg

             次回は大きくなって
             元気に僕のルアーに跳びついてくれる、に違いない、お情けで
by mahasatou | 2006-05-06 21:00 | Sunday-angler | Comments(0)
floater bassing(1)
e0041606_23321070.jpg

         GW真っ只中
         僕は別に観光地に行こうとしてるわけじゃない
         だーれもいない静かな野池に行こうとしてるんだけど
         この渋滞です・・・







e0041606_23321985.jpg

         去年買ったポンツーン型のフローター出そうと思ったんだけど
         ポンプが見当たらない
         探しても探しても見当たらない
         ということで旧艇です
         スタンドで空気入れるから小さい野池なら
         こっちのほうがよっぽど楽かも








e0041606_2332265.jpg

         まさにピーカンの天気
         僕のコンパクトカメラではおかしくなるくらい
         そのくらい日差しが眩しい
            
         最近景色が変わってしまっている釣り場が多いが
         ここもそうであった
         以前までは対岸に木がたくさん茂っていたが
         なぜかほとんど伐採されている







e0041606_23323475.jpg

         「ごうこん」オリジナルベイト
         ちなみにリールもお下がりです







e0041606_23324280.jpg

         よさげなエリアも反応うすうす








e0041606_23324865.jpg

         「コボッ」とでた1匹目
         ルアーはdeps BUZZJET
by mahasatou | 2006-05-05 23:33 | Sunday-angler | Comments(0)
Jewel of brook
 結局有料でここを継続することにしました
 心機一転?今日からカウンター設置!
 今度とも宜しくお願いいたします



e0041606_21425951.jpg

先日の小物釣りの反省を踏まえて再挑戦する
がしかし
やってることはすべて一緒

あの悪夢の「埋め立て池」以外にもう一箇所あったのをふと思い出したのだ
でもあそこは道路工事で変わってしまっていたような・・・
それでもわずかな望みを胸に向かうことにした




e0041606_2143963.jpg









e0041606_21432277.jpg

今日のチェックポイント

前回とおなじ(正確に言えば車に積む際、穂先が10cmほど折れた)
根曲がり青1号に
同じ仕掛け、同じ黄身練で挑む
やや流れがあり、際沿いを流していると
ピク、ピクッと待望の反応が!!






e0041606_21433748.jpg

   モロコの一種だと思われる、記念すべきはじめの1匹
   この日10匹ほど釣れた








e0041606_21434760.jpg

 ギンブナ
 この魚を釣ったのは小学生以来だ
 こんなに美しい魚だったとは・・・・・・











e0041606_21435483.jpg













e0041606_2146687.jpg

 そしてしばらくして待望のタナゴが!!
 タイリクバラタナゴ♂
 農作業中のおじさんを尻目に
 ひとり大はしゃぎする僕です
 まさに宝石のごとき美しさ









e0041606_21461426.jpg

 立て続けに
 タイリクバラタナゴ♀
 だらしなく伸びた産卵管が生々しい










e0041606_21462561.jpg
















e0041606_21463567.jpg

 そして最後は25cmほどのコイ
 根曲がり青1号がギュンギュン絞り込まれるパワーの持ち主
 暴れまわってくれたおかげでこの後アタリがなくなり納竿
      

 実釣時間90分
      
  モロコ・・・十数匹
  ギンブナ・・・3匹
  コイ・・・1匹
  タイリクバラタナゴ・・・2匹(結局写真の魚のみ)








e0041606_21464855.jpg












e0041606_23354325.jpg

   悲しいかな
   この水辺でも、またなにやらほじくり返している
   すでに古い道がつぶされ新しい道路が造られていた
   でも、かろうじて、この水路に宝石は生きていた

        
         
by mahasatou | 2006-05-02 21:45 | Sunday-angler | Comments(3)
青竹初陣
e0041606_23453118.jpg

第一チェックポイント         
         

曇天の空のもと
小学生以来の小物釣りに挑む

しかしいきなり出鼻を挫かれる
以前、糸を垂れている人を見かけた
期待の池は見事に埋め立てられていた

         
軽くめまいがする
困った・・・・・・
カーナビを駆使し
水溜りを探す
がなかなか見つからない
小川が干上がっていたり
「ここは」と思いたどり着くと小学校のプールだったりする・・・・・・



e0041606_23453991.jpg

         第二チェックポイント
         結局メジャーな沼の流れ込み付近
         そそくさと仕掛けを結び糸を垂れる
         なんだか新鮮な気持ちだ
         


e0041606_23455837.jpg

         がアタリはない
         ピクリともない



e0041606_2346541.jpg

         第三チェックポイント
         近くの用水路に糸を垂れる
         ピクリのピクともない



e0041606_23462616.jpg

         第四チェックポイント
         とりあえず垂れてみる
         ピクリのピの字もない         
         生命感がない・・・・・・



e0041606_23463219.jpg

         最終チェックポイント
         別のメジャーダム湖の流れ込み付近に糸を垂れる
         ヒの字もない
         日が暮れる・・・・・・



e0041606_2346437.jpg

        今日の仕掛け

         竿・・・根曲がり青一号
         糸・・・フロロカーボン4ポンド
         針・・・袖1号ハリス0.4号
         浮・・・細8号
         錘・・・ガン玉8号
         餌・・・黄身練り、マルキュー一発ミクロ


         
         頼りの池が無くなっていたというアクシデントもあったが
         やはりそんなに甘くはないようだ
         雨上がりということもあっただろう
         なんにせよまずは情報収集が必要のようだ
         やはり街中で宝石を捜すのは難しいのだらうか
by mahasatou | 2006-04-13 00:05 | Sunday-angler | Comments(6)