<   2006年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
tameru
     根曲がり青一号をいじる
     まずは矯めなければいけない
     曲がった竹も曲がった僕の性格も矯めなければいけない
     初めての矯めに挑戦する



e0041606_21448.jpg

       あれこれと考えたが
       結局、鍋用カセットコンロで矯める
       台所から穴あきしゃもじを失敬して矯める
       最初は上手くいかなかったがコツを掴んでくるとおもしろい




e0041606_2141558.jpg

       まだ矯めていない2号と比べるとこんな感じである
       とりあえずよしとしよう





e0041606_2143799.jpg

       握りを考える
       布袋竹は長すぎるので半分に切る
       そのあと竹の穴をドリルでくりぬいて
       ブランクの根曲がり竹を貫通させる




e0041606_2144535.jpg

半分に切ったら短いので端に木をつける
あとは漆を塗って糸を巻いて完成の予定
by mahasatou | 2006-05-30 21:14 | Hand-making | Comments(2)
small fishing on rainy day(2)
e0041606_2159189.jpg

         予想どうりのそぼ降る雨の中
         おなじみモロコも釣れた







e0041606_21594383.jpg

♀らしき個体







e0041606_220568.jpg

♂らしき個体
地味ではあるが味のある色彩







e0041606_2201363.jpg

上と同じ個体
容器にいれて白いコンクリートの上に置くと
タナゴの体色も白く変化する
 





e0041606_2203588.jpg









e0041606_2205179.jpg

朽ちた和船の縁に置くと体色は濃くなってくる
なぜかタナゴたちは黒い方向へ、下へ下へと行こうとする
これは習性か







e0041606_221940.jpg

最後に綺麗なオイカワが釣れた       










e0041606_2212470.jpg

初めての川であったがそこそこ釣れたと思う

釣っている間、そこら中で
「ボコッゥ!」
「バコッゥ!」
と捕食音が聞こえる
葦際に近づくと大きめの魚が「バシャ」と逃げていく
なんだろう、バスか?
そんな音を何度も聞いていると
あれほど大好きだったバスが憎たらしく思えてくる
「お前ら何するんだ」
と思う

握っている竿が「青一号」ではなく「バスロッド」だったなら
そうは思わなかったかもしれない
嗚呼、僕は実にわがままな釣り人だ
ああ、複雑な気分だ








e0041606_2255386.jpg

by mahasatou | 2006-05-29 22:02 | Sunday-angler | Comments(4)
small fishing on rainy day(1)
e0041606_2263535.jpg

        今にも降りだしそうな空の下
        見知らぬ川に糸を垂れる
        ここには何がいるのだろうか






e0041606_23582624.jpg









e0041606_221511.jpg

        コンクリートのきわで明確なアタリがでる
        ストーンと浮子がもっていかれる今までにないアタリ
        あがってきたのはオイカワだった
        ♂か♀かはよくわからないが、たぶん♂だろう
        ああ、僕がこの魚を釣ったのは19歳以来だ
        フライフィッシングのキャストの練習中に相模川で釣ったなぁ
        しばしタイムスリップする・・・・・・
        
        何匹か釣れたところで移動する



e0041606_235295.jpg









e0041606_23212219.jpg

最初はまたオイカワが釣れたが
それとはまったく違う小刻みなアタリにあわせると待望のタナゴが!
ん~~名前はわからないが間違いなくタナゴ
タナゴが釣れるとうれしい
 
この釣りをはじめた頃は釣れればどんな魚でもうれしかったが
この形、この色、この眼つき、この顔つき
タナゴは人(僕)を惹きつける何かがあるようだ




e0041606_2330992.jpg

by mahasatou | 2006-05-28 23:12 | Sunday-angler | Comments(2)
Cloudy skies of evening
e0041606_2210918.jpg

      5/22 18:29

        歩く速度
        自転車の速度
        車の速度

        カメラを持ちながらのこの速度の違いは大きい




e0041606_22103367.jpg

      5/22 18:42

        歩きながらなら10mに1つ
        自転車なら100mに1つ
        撮りたいものに出会う
        車では1kmに1つくらいか





e0041606_22104354.jpg

      5/22 18:52

        会社の帰り
        自転車で3~4kmの距離
        20分の間で撮った夕方の曇り空
by mahasatou | 2006-05-24 22:07 | Scrap‐collector | Comments(2)
Bicycle Bicycle
e0041606_21501618.jpg




e0041606_2150244.jpg

高校以来の自転車を買って10ヶ月程経った
LOUIS GARNEAU LGSFive
いわゆるルイガノである
このモデルははっきり言って安物だが乗り心地は悪くない

上が購入当初
下は今日のもの
BAR END、ボトルホルダー装着!!
あとはタイヤをスリックにしたい今日この頃です
ここ何日か通勤で乗ってます
何日かといってもまだ3日だけですが・・・・・・
今頃だけなんだよねぇ
梅雨に入るとアレだし
暑いとアレだし
寒いとアレだし
軟弱自転車乗りなのです
by mahasatou | 2006-05-22 22:22 | Scrap‐collector | Comments(0)
空の広さ
e0041606_21333399.jpg


自宅アパートから夕焼け空を撮る
いつも広い所でばかり撮っていると
こういうところではストレスを感じる
なんせ太陽が見えないし
空が狭い


e0041606_21531862.jpg


無理して寄って周りを切り取っても
ただ漠然とした空になるだけである
嘘っぽい画(え)である
by mahasatou | 2006-05-21 21:55 | Scrap‐collector | Comments(0)
布袋竹
e0041606_21255443.jpg


      釣具屋で細めの布袋竹(¥600)を購入
      どうしよう
      根曲青1号の握りに使おうか
         
by mahasatou | 2006-05-19 21:41 | Hand-making | Comments(9)
hometown brook fishing
e0041606_21311098.jpg

         実家に帰った

         最近のマイブーム
         その辺の小川に何かしらの魚を釣りに行く
         姉、姪2人、妻を引き連れて実家周辺の用水路をまわる
         僕が小学生の頃、いくらでも小鮒が網ですくえた水路は今も健在なのだろうか

         網で獲るというならばどこでもいいが
         釣るとなるとそれなりの条件が必要
         それは水深。
         小一時間探してやっと見つけた川の中にある小川(どこかに似ている)
         青一号二号で糸を垂れる




e0041606_21312085.jpg











e0041606_21312818.jpg

 なんとか釣れた魚は「アブラハヤ」
 3匹釣れた
 粘液の分泌が多いらしく
 油を塗ったようにぬるぬるするところからこの名前になったようだ
 確かにヌルリツルリとしている









e0041606_21313626.jpg

         水槽に入れていると体側に明瞭な縦線が浮きでてくる









e0041606_21314157.jpg

              なんとか釣れて叔父の面目躍如とあいなりました
by mahasatou | 2006-05-17 21:31 | Sunday-angler | Comments(2)
bass fishing in 86
e0041606_22162965.jpg











e0041606_22163616.jpg











e0041606_22164320.jpg










e0041606_2216516.jpg

某A県の聖地と呼ばれるところにバス釣りにいった
あまりよい状況ではなかったようだが
ボートでのバス釣りを久方ぶりに楽しんだ
by mahasatou | 2006-05-15 22:21 | Sunday-angler | Comments(1)
Rosecolor scale(2)
e0041606_22495285.jpg

ヨシノボリの一種
瑠璃色の斑点があるためルリヨシノボリと思われる
今釣最高の珍客
体表の瑠璃色、第2背鰭の黄色、胸鰭の朱色はカメラでは表現できない色彩である






e0041606_2250112.jpg








e0041606_22501099.jpg

モツゴと思われる個体
これも初魚である
体色が黒ずんでいるのは産卵期のためか
一筆一筆墨を入れたような繊細な色彩









e0041606_2250194.jpg












e0041606_22502890.jpg

赤の発色が著しい個体










e0041606_22503896.jpg

体高、色彩ともほぼパーフェクトな個体
頭部から背部にかけての盛り上がりがすばらしい
直射日光を当てるともう何がなんだかわからないほど
この世のすべての色彩を映し出すかのように輝く
      
バラタナゴの バラ は
薔薇 の意
薔薇のように派手で美しいということなのだろうが
それどころではない










e0041606_22505085.jpg

今回も大満足ではしゃぐ筆者
シャツは意識したわけではないがなんとなくタナゴ色










e0041606_2251072.jpg

今回も十二分に仕事をしてくれた
根曲がり青一号と
かみさんのために用意した青二号
      









e0041606_22511078.jpg

by mahasatou | 2006-05-12 22:51 | Sunday-angler | Comments(0)