<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
実家の玄関先で
e0041606_22145284.jpg












e0041606_22145954.jpg

by mahasatou | 2006-07-26 22:15 | Scrap‐collector | Comments(0)
cake cut
e0041606_2351759.jpg

      友人が他界した
      病魔と闘いながら彼は最愛のひとと結婚し
      僕らをパーティーに呼んでくれた
      この写真は会場でのケーキカットのシーン
      うしろから失敬して撮らせてもらった
      2月のことである


      僕なんか足元にも及ばないくらい
      釣りのうまいヤツだった
      釣りのうまいヤツには憎たらしいヤツが多いが
      彼は本当に穏やかで最高に優しい男だった

      もっと一緒に釣りしたかったなぁ
      もっと一緒に酒呑みたかったなぁ




      僕はただひたすら生きてゆくしかないのである

      がんばって生きて 
      生ききって 三途の川を渡るとき
      彼にとっておきのポイントを案内してもらおう
      そのとき僕はタナゴ釣りを教えたいな
      でもやったことあるかもな
      もしやってたらこれも敵わないだろうなぁ



      合 掌










 
by mahasatou | 2006-07-23 23:47 | Special-article | Comments(6)
根曲がり青一号握り
e0041606_0434031.jpg


        ああ
        釣りがしたい
by mahasatou | 2006-07-20 00:44 | Hand-making | Comments(0)
小さな遊園地
e0041606_2158034.jpg












e0041606_2158976.jpg












e0041606_21581561.jpg

郡山カルチャーパーク
周辺を田圃で囲まれた遊園地

園内に入って撮ったわけではなく外から撮っていると
たまたま子供たちを乗せたジェットコースターが目の前を通過した
「キャーー」というありふれた歓声と奇声が聞こえた
 
 楽しそうだった、本当に楽しそうだった


自分が子供の頃よく行った小さな遊園地を思い出していた
そんなに大きくないから乗り物も少なかった
でも夢のような場所だった
一日券なんてなかったから乗り物券を買って列に並ぶ
親にねだりながら何度も乗った
いつまでもいつまでも遊んでいたかった
時間が止まってほしかった
家に帰りたくなかった

なつかしくもどこか切ない夏休みの思い出
by mahasatou | 2006-07-17 21:58 | Scrap‐collector | Comments(3)
近くのあやめ園にて(2)
e0041606_22374023.jpg












e0041606_22375079.jpg















e0041606_22375896.jpg














e0041606_22381493.jpg

















e0041606_22382311.jpg

by mahasatou | 2006-07-15 22:38 | Scrap‐collector | Comments(0)
近くのあやめ園にて
e0041606_224352.jpg
                  












e0041606_2244395.jpg













e0041606_2245275.jpg














e0041606_225030.jpg















e0041606_2251127.jpg

by mahasatou | 2006-07-14 22:06 | Scrap‐collector | Comments(0)
徳を積む人
e0041606_23255928.jpg












e0041606_2326843.jpg

           徳を積む友人たち
           ミレーの 「落穂拾い」 に勝るとも劣らない美しさだ
by mahasatou | 2006-07-09 23:29 | Scrap‐collector | Comments(4)
otonagenai(2)
e0041606_234459.jpg

         曇り空から一転快晴になる
         夏の日差しがじりじりと照りつける
         こうなると魚は、よりシェードに入り込む
         そうすると僕らは、より葦の奥へ奥へ打ち込む





 



e0041606_2342352.jpg

         ここの魚は同じ水域でも
         その場所場所で魚の色彩が異なる
         これは青系が濃い個体
         眼の赤い個体が釣れるエリアもある










e0041606_234392.jpg

             シェードを打て!!
             サッカー日本代表にも僕らくらい打ってほしかった・・・・・・ 


      


年に1度か2度この釣りをする
なぜか無性にやりたくなる
オトナゲナイ釣り

ただひたすら 打つ、打つ、打つ・・・・・・
まさに狩りのようなもの
でも連れがいるときはちょっと違う
よさそうなところを飛ばし飛ばし打つ
       
飽きるまで打つ、打つ、打つ・・・・・・
でも飽きない       
ほとんど寝ていないからくたくたになる
腕が上がらなくなる
腰が重くなる
脚がパンパンになる
それでも打つ、打つ、打つ・・・・・・
目の前にある葦と魚と、とことん対峙する
終わりの見えないこの釣りを終わらせるのは
体力の限界と翌日の現実・・・・・・










e0041606_2344593.jpg








e0041606_232223.jpg

                   48!!!









e0041606_235334.jpg

tetsuくん曰く
これが地震雲らしい
by mahasatou | 2006-07-02 23:05 | Sunday-angler | Comments(2)