<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
うすはり
e0041606_10343929.jpg

左:最近のお気に入り「贅沢日和」
中:うすはりグラス
右:会津で溶かした愛用の自作グラス

はじめてこの薄いガラスのグラスを知ったのは
前にちょっとした割烹でビールグラスとして出てきた時だった
第一印象は

か、軽!

飲んでみるとなんともいえない口当たり
そして何よりビールが旨かった
こりゃ相当高いな
と思ったが、意外にもリーズナブル
先日かみさんが量販店で見かけたので買ってきたようだ




e0041606_10344491.jpg

この1mmにも満たない薄さが肝
確かに泡がつくりやすく、消えづらい
口当たりがよい
何より気分がいい
でも
薄さよりも造る技術が根本的に違うのかもしれない

注ぎ方もある
これは以前、フランス料理屋で生ビールを注文したところ
瓶しかないというので、仕方なく瓶のアサヒを頼んだら
ウエイトレスさんが丁寧に注いでくれた
はじめは高い位置から
 じょぼぼぼっと、ある程度勢いよく注ぐ
 泡がグラスの半分くらいを占める
 泡が落ち着くのを待って、
 今度はちょろちょろと、泡がこんもりするまで注ぐ
それまでも
注ぎ方とグラスの汚れ具合で味は変わる
という知識はあったが
その時はあまりの旨さに驚いた
大き目のグラスがいいと聞いて、買ったこともあった
でも今回の「うすはり」はまたちょっと違う
夏も終わったというのに
ああ
今夜もビールがすすみそうだ・・・
by mahasatou | 2007-09-30 10:35 | Food-junkie | Comments(2)
Present from god in river
e0041606_21232288.jpg

今年最後の渓魚釣り
残暑が残るとはいえ
前回のアブの時期に比べると、過ごしやすいと思ったが
あいにくの雨模様だ

とにかく今回は新しい川に行きたかった
といっても僕にとっての新しい川で
川の名前を言えば
宮城県では相当のメジャー河川
それはネットで調べてわかったことなのだが
出張で何往復も高速道路の上からその川を眺めるたび
行ってみたい思いを馳せていた川なので
とりあえず行ってみることにした





e0041606_23282325.jpg

一本目の橋
堰堤の落ち込みでいきなりきた
今期最高の山女26cm
最初ウグイかと思ったが
揚げてみたらちょっとだが鼻曲がりがうれしいヤマメだった
5投目ですでに満足し、まじめに帰ろうかと思う






e0041606_21233615.jpg

上と同じヤマメ
同じ個体とは思えない
口を閉じるのと開けるのとでは
表情がガラリと変わる






e0041606_2123439.jpg

何度かあたりがあって揚がってきた幼魚
個人的にはこの色彩が一番好みだ







一匹目と同じポイントをさっきと逆方向から攻める
落ち込みの上からルアーを入れて
ルアーが滝の中に潜り込んだ瞬間、動かなくなる
根がかりか・・・
竿をあおるとググン、ググン
満月にしなった「根曲り Troutin Stick」がもっていかれる

さかな?

初の大物の予感に無我夢中
ガバッと出てきた顔はイワナだった
水量が多いため流芯に走られないように強引に寄せる
意外にも
「根曲り Troutin Stick」は粘り強かった!



e0041606_23291678.jpg

イカつい顔!









e0041606_23295012.jpg

尺上イワナ37cm!









e0041606_21241136.jpg

写真を撮っているうちにふと気づく
水が赤い
口を外れて下顎の下側に刺さった部分から鮮血が流れていた
むむむ・・・
どうしたものか
リリースかキャッチか
元気はある
流れに戻そうとして、もう一度傷を見てみたら
血は凝固し出血は完全に止まっていた
野生の能力なのか
血が出きってしまったのかは定かではないが
スッと泳いだし、もう一度触れると行きよいよく流れに帰って行った







e0041606_21241958.jpg
Canon PowerShot S70


正直
こんな形で今年の渓流を終われるとは思っても見なかった
まじめに?釣りをしてきた僕に
川の神様がプレゼントをくれた、そう思った

最高の気分で、一人大声で笑った



その後、川を探索する意味で少し釣りをし
何キロか上流にあった、フィッシングパーク(いわゆる管釣り)を見物した
天然の川のすぐ脇の溜池に
ウジャラウジャラと泳いでいる40~50cmのイワナやニジマス
80cm級のドナルドソン?なんかをバッシャンバッシャン釣ってるのを見て
少し、いや、かなり興ざめしてしまった
今後ああいうところには行かないことにしよう
そうしよう

e0041606_2216301.jpg

by mahasatou | 2007-09-23 23:01 | Sunday-angler | Comments(4)
HAKONE(1/2)
e0041606_2227573.jpg

学生時代以来の箱根登山鉄道に乗って強羅を目指す
たまたま運良く旧式の車両に乗ることができた
スイッチバックしながら少しずつ、のんびりと登っていく
大声で喋らないと会話が聞き取れない
なんともなつかしい、郷愁漂わせる電車の旅
なんともなつかしい、手動式の車窓
ガチャガチャッと開け窓から顔を出す
こんなにワクワクするのはなぜだろう
歳をとった自分にちょっと楽しい違和感を覚えながら
電車は登る








e0041606_22321789.jpg













e0041606_22272494.jpg

手を伸ばせば間違いなくトンネルの壁面に手が届く
大事なニコンを落とさないように
ストラップを腕に絡みつけ
身を乗り出して撮る









e0041606_22323992.jpg

急カーブをレールに水を撒きながら唸りを上げて登る
車輪は回転式になっていて
短い車両がさらに小回りの効くような仕組みになっている





Nikon FM2+Ai Micro Nikkor 55mm F3.5、Ai Nikkor 20mm F3.5
FUJICOLOR SUPERIA 400
EPSON GT-X750
by mahasatou | 2007-09-20 22:29 | Day-tripper | Comments(0)
Day-tripper in BALI (11)Food-junkie in BALI(3)
e0041606_23443948.jpg

バドゥール山1717m
雲がたちこめてはいるが美しい山だった


ゴアガジャから北上し
キンタマーニ高原にあるレストランで
バドゥール山とバドゥール湖を眺めながら昼飯を食う







e0041606_2345823.jpg










e0041606_23451788.jpg










e0041606_2345277.jpg










e0041606_23453357.jpg

バイキング形式の昼食
思いっきり昨日の昼とかぶっている

飲み物はこの旅、3本目のBINTAN(大)
右は安いミネラルウォーター、AQUA(大)
VOLVICやEBIANの1/5程度である











e0041606_2345405.jpg

by mahasatou | 2007-09-10 23:46 | Day-tripper | Comments(0)
Camp school 帰り際
e0041606_22445020.jpg










e0041606_22445637.jpg









e0041606_2245186.jpg

林間学校会場前には蕎麦畑が広がっていた
「夏の蕎麦は犬でも喰わぬ」
というが
夏の蕎麦でもこれだけうまいということは
新そばの季節はどんだけぇ~
などと考えながら舘岩を後にした



Nikon FM2+Ai Micro Nikkor 55mm F3.5
Kodak SUPER GOLD 400
EPSON GT-X750
by mahasatou | 2007-09-04 22:45 | Scrap‐collector | Comments(4)
Camp school 蕎麦打ち編
舘岩の裁ち蕎麦の打ち方
講師・・・まさおあんにゃ先生

e0041606_21334299.jpg

①打ち粉は分けておく







e0041606_22592753.jpg

②熱湯を 適当に 注ぎパラパラになるまでほぐす







e0041606_22593655.jpg

③水を 適当に 加え、こねる
 この際、菊の紋を描くようにこねる







e0041606_2259444.jpg

④麺棒で 適当に 延ばす








e0041606_22595435.jpg

⑤好みの薄さに延ばした生地を 適当に 切り、重ね、菜切り包丁で 適当に 切る
 この際、そば包丁や小間板を使ってはいけない
 布を裁つように切る
 これが裁ち蕎麦の由来










e0041606_230472.jpg

⑥茹でる
 この際、打ち水が重要
 これはちょっともったいないので公表しない
 ここだけは 適当 ではいけない

⑦冷やす
 これももったいないので公表しない







e0041606_2301242.jpg

⑧喰う
 夫婦の合作
 短い蕎麦がご愛嬌
 誰が打ってもおいしい裁ち蕎麦の出来上がり~~

 つゆは先生の特製
 だし3、かえし1の割合で食べる直前にブレンドしたもの
 甘い本わさびと採れたてのネギが薬味

 うまい!!うますぎる!!
 前に蕎麦を打ったときもそうだったが
 今まで蕎麦屋で食べてきた蕎麦はいったいなんだったんだ
 と考えさせられる異次元のうまさ

 
 適当さとスピードが命の蕎麦打ち
 でも意外と簡単
 今度、家でも打ってみよう~っと


Nikon FM2+Ai Micro Nikkor 55mm F3.5
Kodak SUPER GOLD 200
EPSON GT-X750
by mahasatou | 2007-09-01 23:00 | Food-junkie | Comments(2)