<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
東一連鎖街 B/W
e0041606_22414770.jpg









e0041606_22434070.jpg
Nikon FM2+NewAi Nikkor 35mm F2.0
NEOPAN400 PRESTO
EPSON GT-X750



2枚目
わざとトリミングしてるわけではないのだが
EPSON GT-X750でスキャンすると
こうなってしまうことがたびたびある
上下や左右があまりにも暗い場合
ワイドモードで撮った写真だと勝手に認識し
縦が2倍のサイズに切り取ってしまう
何とかならないものかといじってはみても
今のところ解決策はない
でも今回のこれはこの画にあっていたので
なんとなく気に入っている
by mahasatou | 2007-11-29 22:51 | Scrap‐collector | Comments(0)
Ihatov 藤三旅館
e0041606_22335311.jpg
旨かった!



恒例行事の秋の温泉
あ、去年は2月だったが・・・
今回の宿は鉛温泉「藤三旅館

タイトルにある「イーハトーブ」とは宮沢賢治が造った言葉で
「理想郷」を意味する
一般的には賢治のふるさと花巻~遠野周辺に該当し
この旅館のある鉛地区はイーハトーブの西端に位置する山里
といった具合だ

家~石巻で用事をすませて~宮沢賢治記念館~藤三旅館
のルートで宿に入る

今回の宿泊プランは「厳選!最高A5ランク「前沢牛しゃぶしゃぶ」プラン」 だ!!



歴史のある宿
翌朝、館内を撮り歩く



e0041606_22342017.jpg
なつかしい木造校舎を思い出させる自炊部の便所








e0041606_22343051.jpg
自炊部の共同炊事場






e0041606_22343667.jpg
自炊部の階段踊り場






e0041606_22344283.jpg
また出た!なつかしさ満点の売店






e0041606_22344773.jpg








e0041606_11572468.jpg

名物「白猿の湯」の窓
混浴のため「のぞき禁止」「撮影禁止」だ
案内によれば日本一の深さをもつ温泉で
125cmと書いてあるが
熱いお湯が噴出す風呂底は岩などのストラクチャーが点在しており
深いところでは145cmはあった(身長171cmの僕のあごが湯面についた)
湯温は高めなのに長風呂がきき、脇には水風呂もある
もちろん立って入るのだが、思っていたより快適
というより逆に疲れない
熱いお湯にがっつり首まで浸かりたいという人には
夢のような温泉だ
ちなみに子供は溺れそうになっていた
by mahasatou | 2007-11-26 22:35 | Day-tripper | Comments(2)
Back street in shiogama(2)
e0041606_2251327.jpg








e0041606_2251977.jpg








e0041606_22511480.jpg







e0041606_22512040.jpg

Nikon FM2+Ai Micro Nikkor 55mm F3.5
NEOPAN400 PRESTO
EPSON GT-X750
by mahasatou | 2007-11-25 22:51 | Scrap‐collector | Comments(0)
LASTBASS 2007
e0041606_13479.jpg

毎年恒例
晩秋のK沼
両者で24本の大釣りとなった、お祭り騒ぎの2005年
初雪がちらつく中の修行となった2006年
そして、今年は・・・

近年では異例とも言える11月の初雪
しかもしっかり積もるというおまけ付き
その翌日の釣行となった
いつもの様に水温の上がる午後からの出陣




e0041606_171366.jpg

投げるルアーはバイブレーションと決まっている
バイブレーションを投げるのは一年でほぼ今日だけである
10年前は年間100日以上通いつめたこの沼も
最近は3月と11月の2回+気が向いたら6月に1回、程度になっている
昔は季節を問わず、といった感じだったが
僕の行動パターンは魚とともにシーズナル化した
といってもいいだろう






e0041606_134131.jpg

同行者は毎度おなじみのテツ君
二日酔いがひどいのに僕の「ラストバス」に付き合ってくれた

いつもは信じて一箇所で粘ることが多いが
ちょうど1週間前テツ君が小バスを釣り上げた場所へ
めずらしくポイントを移動する
サイズ云々よりも今日は
「釣ること」
に、こだわりたい日

魚からルアーへのコンタクトは両者とも何度かあったが
二人のうめき声だけが水面(ミナモ)に響く

秋の陽はつるべ落とし
ストンと音を立てて落ちる
気温も一気に冷えてくる
暗くなる前に引き返す
あきらめかけた帰り際のポイント
水中の地形の変化が脳裏に刻み込まれたポイント
信じるも、信じないも、
とにかく

投げて、巻く

久々に見る、暗くなりかけた「広い」空を眺めながら
投げて、巻く
巻いては投げる






一気に暗くなりかける時間帯
かわいらしいが明確なアタリ!

キタキタキタ~~!!

ちょっと離れたところでやっていた、テツ君に聞こえるように叫ぶ
アドレナリン全開!寒さを忘れる!!

間違いなく小さな魚の沖でのヒット
 バレないように
 バレないように
竿先を水中に思いっきり突っ込み
今シーズン最大の慎重さをもって取り込む



e0041606_135969.jpg

20cmちょいのこの寒さの中でもまだまだ元気な個体
この季節にこのサイズが釣れるのは今まであまり体験したことはないが
大きな個体の荒食いは、まだこれから先なのかもしれない

「おめでとうございます!」

遠くからのテツ君の素直な声が
うれしさを倍増させてくれる

今シーズンを締めくくるバスを釣ることができたことに
これ以上ない充実感を覚える




e0041606_142929.jpg

その後、テツ君1本、僕がもう一本追加し、納竿
テツ君がラストキャストを繰り出す夕景は
例えようの無い美しさだった





e0041606_1173610.jpg

by mahasatou | 2007-11-25 01:06 | Sunday-angler | Comments(6)
Noodle of several months
e0041606_23525924.jpg
渾身のちからを込めて麺を打つ新宮の店主

e0041606_0114276.jpg
仙台 新宮 パーコー麺

e0041606_0114787.jpg
秋田 たんぽぽ

e0041606_0115294.jpg
福島 金ちゃん

e0041606_0115640.jpg
郡山 ますや

e0041606_012169.jpg
記憶喪失中

e0041606_012644.jpg
仙台 まごころえんどう

e0041606_0121129.jpg
石巻 樺太屋

e0041606_0121898.jpg
遠刈田 新楽食堂 鴨そば

e0041606_0122535.jpg
多賀城 味噌やす 坦々麺

e0041606_012346.jpg
仙台 鬼がらし

e0041606_0124246.jpg
岩沼 麺光

e0041606_0141035.jpg
記憶喪失中

e0041606_0141771.jpg
吾妻インター 会津屋

e0041606_0142514.jpg
仙台 大喜

e0041606_0143273.jpg
仙台駅東口方向のどこか

e0041606_0144042.jpg
佐野 佐野一番ラーメン

e0041606_0144895.jpg
多賀城 一品堂 味噌ラーメン(太めん)

e0041606_0153671.jpg
名取 なると家

e0041606_015505.jpg
仙台 栗生 みずさわ屋

e0041606_016526.jpg
石巻 中華楼本店

e0041606_0161458.jpg
記憶喪失中

e0041606_0162525.jpg
仙台 4号バイパス 天下一品ラーメン
今回は麺に絡めれば箸が立つくらいのコテコテ感だった

e0041606_0163487.jpg
肉味噌の小どんぶり
「明日もお待ちしています」
これは間違いなくブラックユーモアだ

e0041606_0174473.jpg
完食後のどんぶりの内面

e0041606_017546.jpg
七ヶ浜 蔵 味噌ラーメン(こってり・太)

e0041606_0185894.jpg
多賀城 林福楼 台湾風ジャジャン麺

e0041606_019882.jpg
ジャジャン麺内部

by mahasatou | 2007-11-23 00:19 | Food-junkie | Comments(4)
Back street in shiogama
e0041606_010165.jpg








e0041606_01079.jpg

Nikon FM2+Ai Micro Nikkor 55mm F3.5
NEOPAN400 PRESTO
EPSON GT-X750




大きくまっすぐな道ほど新しい
とは限らないが
古くからある道は細くて曲がっている
車などまだない時代
人や馬が歩いていた旧道は
意外とそこら中にあるのかもしれない
山をつぶして畑にして
その後、分譲住宅地にした
僕の家の前の「新品」の道路から
陸奥国一宮 塩釜神社へと通じる道
たぶんその途中のどこかに
いにしえの街道への変わり目があるのだろう
駅までの道のりを撮り歩きながら
そんなことを考える
by mahasatou | 2007-11-22 00:10 | Scrap‐collector | Comments(2)
Hot spring of Fujishima
e0041606_0353327.jpg

樹を植えた帰り
川渡温泉「藤島旅館」によっていく






e0041606_0353963.jpg








e0041606_0354682.jpg

僕は初めてだったが
泉質には相当の定評があるらしいこの温泉
1と4は矛盾しているような気もするが
気にしない
久々に名湯に入った気分
強めのたまご臭とぬるつき感
黒い大きな湯花は抵抗があったが
温泉マニアは狂喜乱舞するそうだ
ただしちょっとぬるかった







e0041606_0355170.jpg

鄙びた雰囲気の漂う自炊部の廊下





e0041606_0355716.jpg







e0041606_03635.jpg

入り口近くの売店は
なつかしい昭和の匂いがする
by mahasatou | 2007-11-19 00:36 | Day-tripper | Comments(8)
鑁阿寺 足利学校
e0041606_23472170.jpg









e0041606_23481457.jpg








e0041606_23491049.jpg

鑁阿寺






e0041606_23501288.jpg








e0041606_23501718.jpg








e0041606_23502435.jpg

足利学校
by mahasatou | 2007-11-16 00:03 | Day-tripper | Comments(0)
Photograph for friend
e0041606_23473442.jpg

れんぞく助教授に送る写真を現像してもらった
どうせならフレームも、と思いアクリル板で挟んだ
最初はドリルで穴を開け
ビス止めしようとしたら
ドリル中にアクリル板を破壊!
木材用ドリルでの穴あけは難しいみたい
割れたアクリル板の端っこを切って
30秒ほど悩んで・・・
テーブルにあったコルクで止めることにした

いや
こういうの初めてだったので、テスト品として
いろいろと試させてもらいました
色もなんかアレだし
出来もそんなに良くありません
ゴメンナサイ
やっぱ木製フレームかなぁ


あと
吊るすキットは一切付いていませんので
自分で何とかしてください
(アクリル板落下に注意(笑))

んじゃ近々送ります

あっ
住所教えて!
by mahasatou | 2007-11-10 23:58 | Hand-making | Comments(4)
樹を植える
e0041606_22242153.jpg

年に一度だけだが参加している植林作業
毎回結構疲れるが
今回は荒れている山だったので
根っこや石ころだらけで作業はいつも以上に難航した
果たして素人の僕が植えたこの樹は
無事育ってくれるのだろうか・・・

木材として使われるようになるのは
今から40~50年後である
by mahasatou | 2007-11-08 22:34 | Scrap‐collector | Comments(2)