<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
johzenji street
e0041606_22221240.jpg

横スライドの距離合わせが近視の僕にも使いやすい
中距離でのピントもバッチリ?






e0041606_22222372.jpg

by mahasatou | 2008-06-30 22:22 | Scrap‐collector | Comments(0)
出張すずめ踊り
e0041606_2327183.jpg

勾当台公園ではスズメ踊りをしていた
真ん中にいる鉦(カネ)を鳴らすおっちゃんがなんともいい味を出している
チン チチンチ チン チチンチ チン・・・
小気味よくならす





e0041606_23232939.jpg

それを撮っていると
僕のすぐ脇にやけに酒臭い男がいた
なんとなくミュージシャンのように見える
興奮状態で叫んでいると中に引っ張られていって
見よう見まねで踊っていた
by mahasatou | 2008-06-27 23:23 | Scrap‐collector | Comments(4)
とっておきの音楽祭
e0041606_23592380.jpg

ライカを買ったこの日
仙台の街中ではとっておきの音楽祭の開催中





e0041606_23594025.jpg

オカリナの演奏





e0041606_23595128.jpg

まもなく三越になってしまう141の吹き抜け
by mahasatou | 2008-06-27 00:00 | Scrap‐collector | Comments(0)
alte neue kamera
e0041606_226646.jpg
LEICA M6+SUMMICRON F2.0 50mmで撮った一発目



誰も突っ込んでくれなかったので自分で言うと
新しい中古カメラを購入しました

これは買った店内での試し撮り
ニコンの「カシャコ!」という歯切れのよいシャッター音に比べると
「ポショ」といった感じの情けない音
横スライドのピント合わせなどなど新鮮さいっぱい


実は本当は一眼デジタルを買う予定だった
Canon kiss X2 あたりを物色していたのだが
何度電気屋に通っても、どうも物欲が湧かないというか
何か煮え切らないというか・・・・・・
あったらいいな的な感覚でしかなかった


やっぱフィルムだ
予算はX2からの流れでレンズと合わせて10万まで
どうせだったらデザイン重視でと思い
ライカのガラスケースの前でしばし見とれ
思わず
「ここ開けてください」
と言ってしまった・・・・・・


たまたま居合わせた大先輩のお客と店員さんで
最初の一台はM6かM3かでシンポジウム
長い議論の結果M6に軍配があがった
あとは僕の判断だが・・・

かみさんの顔色を見ながら
「こ、これにします」
大幅予算オーバーとなりました ^^;






e0041606_2262140.jpg
2発目 HMV前でインストアライブの行列




 
by mahasatou | 2008-06-24 22:06 | Scrap‐collector | Comments(14)
Value of things
e0041606_22583755.jpg


ものの価値ってなんだろう

大事なものは人それぞれ違う
それがウン十万するものであろうが
その辺の道端で拾ったものであろうが
天秤にかけて比べられるものではない
価値の大きさはどきどきワクワクの度合いで計りたい

よく「価値観の違い」という言葉が使われるが
それは、はなから違うものなのだから、問題なのは
他人の、ものや行為に対する価値の大きさを推し量れる能力
それがいわゆる、愛情とか、友情とかいうものなのかもしれない




e0041606_230493.jpg

by mahasatou | 2008-06-19 22:57 | Scrap‐collector | Comments(6)
Do not give up
e0041606_23362645.jpg

この画は、今から3週間ほど前のもの

陽が長いこの時期
ポタ通の帰り道、夕陽を撮りたくて
橋の上までペダルを漕ぐも
タッチの差で陽は沈んでしまった

このころは携帯いじりながらの片手運転の女子高生に
坂道であっさりと抜かれていく自分に嘆いていた


ところが今日の帰り道
帰り道でも最大の難所となる「赤坂」の坂
(スキー場なら初心者~中級者にちょうどいいくらいの坂道が400mほど続く)を
一度も足をつくことなく登ってこれたのだ
去年も今年も登りきれていなかった坂道を

確かにちょっとは脚力がついた
でも、肝心なのはあきらめないハートだ
「足をつけば楽になる」
と思ったら大間違いだ
降りて歩くほうがよっぽど疲れる、そう考えるようにした
ギアを徐々にどんどん落とし、歩くスピードと変わらない速度で登っていく
その姿ははたから見たら笑えるかもしれない
それでもこぎ続ける
大腿筋に乳酸がキューッと溜まる、苦しい
それでも止まらない
後ろから車にあおられる
それでも降りない

そして坂を登りきった時、
新たな自分に出会えたような気がした(大袈裟)


とにかく今日は僕の人生で記念すべき日になった

今なら夕陽に間に合うか?
by mahasatou | 2008-06-17 23:36 | Scrap‐collector | Comments(2)
かまど造り(1)
e0041606_014118.jpg

①庭の芝生を一部切り取り、間違って買ってしまった砕いたブロックを敷いて平らにする

②その上にモルタルを塗りこんで、耐熱煉瓦の平たいやつを12枚置いて、ほぼ水平にし、いいかげんな基礎をつくる


この上にレンガを積んでいく
by mahasatou | 2008-06-15 00:01 | Hand-making | Comments(12)
マハ田大学水産学部水生生物反応学科水面研究室2008年春の調査風景
e0041606_2356108.jpg







e0041606_2356186.jpg







e0041606_2356272.jpg







e0041606_23563692.jpg

最近、たるんでると思います
by mahasatou | 2008-06-12 23:57 | Sunday-angler | Comments(24)
Red river's memory
e0041606_22162933.jpg
GWの赤川






過去の画像を整理していたらこんなものが出てきた





幻の80upを掛けるゴトジさん




途中「ゴミか?魚か?」という音声が記録されているが
気にしないでほしい
この時ラインは出っぱなし
川は激流

でも、絶対にゴミじゃなかったと信じている
信じるのは自由だ




e0041606_22165693.jpg
くたびれてしゃがみこんでしまった画

by mahasatou | 2008-06-10 22:17 | Sunday-angler | Comments(2)
Welcome visitor
e0041606_22432651.jpg






e0041606_22391213.jpg

庭の芝刈りをしていたら、こいつが出てきた
危なくハサミでチョッキンしてしまうところだった

渋い色
名前は知らない
尻尾は切れない




e0041606_2245694.jpg

しかし、こうやってマクロで撮ってまじまじと見ると
この形、この鱗、この指、なんと精巧な造りか
僕の中にちょっとだけこびり付いて残っている
「少年の部分」を刺激し、増長する

思い出す 「大恐竜展」



e0041606_22392323.jpg

腹はイエローオレンジ
ヒトと同じ5本指
やたらでかい肛門
ズドンとでる
実際、触っているうちにズドンと出てきた・・・・・・




e0041606_22392998.jpg

逃がしたら、植木鉢の下に潜り込んで
しばらく、そこにいた
しかも、3日間くらい・・・・・・
by mahasatou | 2008-06-09 22:40 | Scrap‐collector | Comments(8)