<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Genuine fish
e0041606_2253234.jpg

結果的には今年最後の渓流になった

いつもと違い、何年かぶりに釣りのために早起きする
向かうのはマイナー河川2本

この週はまとまった雨があった
期待を膨らませ、目星をつけていた最初の川に到着したのは7時過ぎ
早い!僕にしては早いぞ!
と、浮かれているのも束の間、春先に訪れた川は見事に渇水
一滴の水も流れていなかった

もともと伏流水の面影のあった川、以前訪れた時も、さばさばと流れる果ての下流部分は
小さなプールのようになっていて、その先には流れ落ちていかない、すなわち地中に流れているようだった
そんな川でも、小さいながらも美しいヤマメがいてくれたから
そいつらが成長してたら面白いな、と思っていたのだが・・・
彼らはいったいどうなってしまったのだろう?

仕方なく2本目の川に向かうと、水は少ないながらあるものの
上流部までアユの群れがわんさかと見える
いつもと全く違う状況に竿を出す気もせず
結局はいつもと同じ、カーナビを睨み合せての川探しとなった

水無き川、用水路、住宅排水の流れる川、よく見るとすぐ海・・・
何本もの川をめぐり、やっとそれらしい川にたどり着いたのは10時過ぎ・・・
ま、いつもの午後からの釣りよりはいいか
と言い聞かせ釣りを開始する




e0041606_22531497.jpg名もない川(あるけど)で、人知れずひっそりと生き続ける魚
それも何年も上流部のみを住みかとし、成熟していく魚

そんな自分の人生を重ねるかのような生き様が、一つの憧れとなる
いつもそんな「本物の魚」を見てみたい、と思いながら釣りをする
渓流を釣る人は、少なからず同じ思いを持っているのではないだろうか





















こんな山奥なのに空き缶が!(画面中央)
これはイ  カン





入渓ポイントには、ヒト、鹿、狸などなど、足跡がたくさん
結構山深いところまで来たのかな?
しかも、川を探しているうちにまたしても、去年の悪夢を思い出す岩手県まで来てしまっていた

小さな岩魚のチェイスがひとつ、山女らしき魚影がひとつ
決していい川ではないように思えた、先行者が根こそぎ持っていったのかもしれない
釣り上がって1時間弱、前方に堤が見えて、とりあえずこの辺までか・・・

堤の手前2個ほどの小さな落ち込み、今まで何十個もやってきたのと同じような落ち込み

そこに求める「本物の魚」がいた

唯一違うのは、大きめの岩が覆いかぶさるように配置され、岩の下のスペースがほかより大きかったこと
ルアーが泳ぎ出すと同時にひったくるバイト! 
幅1m、長さ1.5m、深さ80cmほどの落ち込みのプールの中を、縦横無尽に暴れまくる魚

「頭の中が真っ白になる」というのはこういうことだろう




ん~ ~! ~ ~ ~っ!

(音が消えていく感じ)






(音、復活)
トバババババシャーー!!!!


ネットイン!




e0041606_22583178.jpg
っしゃ~~~!!!!  (亀田かおまえは!!)

(誰もいないから大声、熊がいれば逃げて行っただろう)




e0041606_2253578.jpg
魚体に対しての尾びれの小ささからも、居着きの魚である、と言えるのかもしれない




e0041606_22541566.jpg

e0041606_22542788.jpg
フィルムには写りきらない美しい魚体


(曇り空+木々が覆いかぶさる撮影現場でのフィルム撮影は難しい
 もっと明るいレンズか、本気で、釣りだけはデジタルにしようかと悩んでいる)



e0041606_22543716.jpg
こちらが頭を下げたくなるような貫禄を見せる岩魚(34cmくらい)



e0041606_22544866.jpg
おでこにオレンジ色のほくろのある岩魚だった
次に逢っても必ずわかるだろう




see you next season!!!!!!

by mahasatou | 2010-09-28 23:14 | Sunday-angler | Comments(4)
shio-photo
e0041606_23242729.jpg

いつもお世話になっている尚光堂さんの薦めで
塩竃アートウィークス2010のshio-photoに1枚写真を出展することになりました
(出展とカッコよく言っても、だれでも出せるんですけどね・・・^^;)

ここ3年間ほどの自分の撮った写真を振り返り
厳選なる審査(1人で)の結果、タイリクバラタナゴの画にしました・・・^^

今日、自分でプリントのイメージ(上の大きい奴)を持ち込んで
店内の機材を自らイジらせてもらい
好みの色調にあわせてテストプリント(下の3つ)して
最終調整後、四切りでプリントしてもらいました
おかげさまで、イメージ通りのプリントができて楽しかったです

ここ尚光堂さんはレンタル暗室もあり
現像からプリントまで自分の手でできるという
写真を楽しむには非常にありがたいお店です ^^

スキャンしてデジタル化とはまったく次元の違う世界が
まだまだたっぷりと・・・
どっぷりとハマりましょうかねぇ ^^;
by mahasatou | 2010-09-24 00:03 | Scrap‐collector | Comments(4)
Pizza party
e0041606_23205276.jpg




e0041606_2321078.jpg




e0041606_23221066.jpg




e0041606_23222098.jpg




e0041606_2323136.jpg




e0041606_0282792.jpg

9月の上旬に家で自家製ピザ&勝手にバーベQパーティーを強行しました
あいにくの雨模様の中、集まってくれた新入社員のみんなに感謝!
集合写真の時、真ん中の席を譲り合う姿が「ダチョウ倶楽部」のように見えなくもない ^^

実は当日撮ったのは最後の1枚だけ
上は8月の予行練習時に撮ったもの
いざ始まってしまうとピザを焼くのに夢中になって
写真を撮る余裕もありませんでした

天気が良ければ最高だったけどね・・・^^;
次回は来年?
by mahasatou | 2010-09-22 23:29 | Scrap‐collector | Comments(0)
夏のイワナ釣り
e0041606_23243480.jpg




e0041606_23244948.jpg




e0041606_2325164.jpg




e0041606_23251428.jpg




e0041606_23252472.jpg

8月下旬のイワナ釣り
なんとなく秋を想わせる色が無きにしも非ずだが
思い出しただけで汗が噴き出てくる・・・^^;

今年の釣りは川が3回、タナゴが1回
我が人生、始まって以来の小回数である
量より質とは言うが
量も質もいまいちなこの一年
去年のあの悪夢以来、熱も冷め気味で・・・

でもあと一回、もう一回
by mahasatou | 2010-09-13 23:31 | Sunday-angler | Comments(2)
夏の終わり
e0041606_2210920.jpg

これほどまでに「夏の終わり」を待ち望んだ夏もなかったように思う
まさに異様な暑さがこれでもかと続いた

なのに今日、突然の、最低気温21℃最高気温24℃
このひと月は何だったの?と思わせる涼しさである
これでも平年より高いとニュースはいう

夕方、仕事場から窓の外を見れば
まだ6時過ぎだというのに外は暗闇に包まれていた
ふと、日が短くなったことを実感する
あれほどまでに憎んでいた数日前の暑さが
涼しい夜風と共に、懐かしくさえ感じる

秋は物事の終焉を感じさせ、切なく哀しい季節である
by mahasatou | 2010-09-08 22:23 | Scrap‐collector | Comments(0)
ラフティング


富良野でラフティングなるものを初めてやりました
7月ということで水量は少なめの空知川でしたが
結構、楽しめました ^^

僕たちは後ろ二人
同船した?二人は新婚旅行で富良野に来ていました
コースはたっぷりと90分くらいは下ったでしょうか
途中と最後に飛び込みポイントもあり
(高飛び込みの動画は恥ずかしくてUPしませんが・・・)
中年4人(新婚さん二人には失礼 ^^;)はとてもいい思い出になりました

レジャーガイド遊び屋

by mahasatou | 2010-09-05 23:34 | Day-tripper | Comments(0)