zakko fishing spring 2014
e0041606_22142793.jpg

ザックジャパンならぬザッコジャパン
宝石の宝庫であった秘密の場所が
津波によって壊滅して以来
久しぶりの雑魚釣りに行ってきた

何年も前の記憶を呼び起こそうとするが
その川にはなかなか辿りつかない
前の車のカーナビゲーションシステムという道具は
津波の被害にあった後
その翌日には車上荒らしによって
きれいに略奪されていたため
僕の脳内での記憶もきれいさっぱりなくなっていた

やっぱり記録は紙だな
ということで、最近マップルを買いなおし
今後に備えている



新しいカーナビゲーションと記憶を頼りに
やっとその川に辿りついたのは
例のごとく、日の入り寸前だった


e0041606_22144294.jpg

黄身練りに最初に喰らい付いたのは
ブルーギルだった
ギュンギュンと竿を絞り込む


e0041606_22145330.jpg

次に来たのはモツゴ
この辺ではシナイモツゴも生息しているらしいが
これはたぶん普通のモツゴだと思う
モツゴとシナイモツゴの決定的な違いは側線の長さで
側線が途中でなくなっているのがシナイモツゴなのらしい
今度はしっかりと確認しよう


e0041606_221548.jpg

震災前もよく釣れたオイカワ
子供のころによく見ていた釣りの本に

「おい、川にオイカワ釣りにいこう!」

というダジャレが載っていたのを
釣るたびに思い出す



e0041606_22151323.jpg

おなじみのモロコ
通称「泥鯉」

こうやってフィルムに収めると
う~む、実に美しい魚体である


ここでは以前カネヒラが釣れた
今回は釣っても釣ってもカネヒラだけは釣れなかった
でもカネヒラ以外は以前と同じように釣れたから
かなりうれしかった

次回はカネヒラも釣れると思う


e0041606_22152310.jpg

# by mahasatou | 2014-06-19 23:04 | Sunday-angler | Comments(0)
湯主 一條
e0041606_21534388.jpg

湯主 一條に宿泊してきました
僕は一條旅館の呼び方のほうがしっくりときますが
(さらには泊ったのは4月のことになります・・・^^;)



e0041606_21535978.jpg

コンセプトは「時音の宿」
大正時代に建てられた湯治用の旧館の個室を利用して
会席料理をいただくというのが最大の愉しみです



e0041606_2215656.jpg

新館と旧館をつなぐ、いわゆる渡り廊下
これを「時の橋」と名付けていて
なるほど、ちょっと凝った設定です



e0041606_21541748.jpg

その料理のほうは・・・


e0041606_21543133.jpg



e0041606_21544179.jpg

どれもひと工夫あって
おいしかったです


e0041606_2155944.jpg

夜の回廊
いい雰囲気です


e0041606_21552192.jpg



e0041606_2156422.jpg

朝食も同じ個室でいただきます
シンプルでいて贅沢


e0041606_21561597.jpg

朝の回廊もまたよし



e0041606_21562617.jpg

懐かしいねじ式の鍵
昔はみんなこんなだったなぁ





お値段ははりますが
料理内容からすれば納得かと

僕としてはお風呂にもう少し
風情を感じられる工夫があればな
といった感じでしょうか

地元客からの支持が強い一條さん
これからもがんばってほしい宿です
# by mahasatou | 2014-06-04 22:46 | Day-tripper | Comments(0)
尚光堂
e0041606_23295378.jpg

人は何のために働くのか

なんて青臭い問いは抜きにして
企業が利益を出していく、ということが
必要不可欠であることは誰もが知っている事実である

僕らのオアシス「尚光堂」が
その長い歴史に一区切りつけることになった


これからはもっと自由な形で写真に接していけるようになるかも?

写真の街、塩竈になくてはならない場所
まだまだその灯は消せません
写真仲間の皆さん、頼みますよ~


長い間お疲れさまでした!

そしてこれからもよろしくお願いします!!
# by mahasatou | 2014-06-01 03:06 | Special-article | Comments(0)
confused india snap(2)
e0041606_22352054.jpg

ディウ空港


e0041606_22353050.jpg

ホテルからの朝の眺望



e0041606_22354043.jpg

木の棒を使って階をつくっていく、特殊な建築法
推測だが上にコンクリートをはって
固まったら木を外していくんだと思う
つくるのに相当時間がかかるのか
1階はもうすでに使っている


e0041606_22354936.jpg

ホテルからの朝の眺望 その2



e0041606_2236162.jpg

ラトナギリの港
漁がほとんど休みらしく
木造船が奥までびっしりと付けられていた
船が多すぎてほとんどが岸壁に付けられない
ほかの船の中をわたって陸と行き来をする
漁具のメンテナンスをしたり
洗濯をしたり、談笑したり
大勢の若者が生き生きと働いている


e0041606_22361396.jpg

獲れたての魚を販売する女性


e0041606_22362687.jpg

ゴア空港の待合室からの夕日

# by mahasatou | 2014-05-23 22:53 | Day-tripper | Comments(0)
confused india snap(1)
e0041606_21381783.jpg

インドの人たちは目に力がある


e0041606_21383728.jpg



e0041606_21385665.jpg

工場作業員もおしゃれは欠かさない


e0041606_21391597.jpg



e0041606_21393272.jpg



e0041606_21394474.jpg

路面の床屋さん


e0041606_21395696.jpg

簡易屋台のまわりに集まる人たち

# by mahasatou | 2014-05-18 21:48 | Day-tripper | Comments(0)