タグ:shiogama ( 18 ) タグの人気記事
2011.3.12
e0041606_21564945.jpg

あの日の匂いを
あの日の音を
あの日の冷たさを
あの日の光を
忘れない

by mahasatou | 2015-03-12 22:00 | Special-article | Comments(0)
アナログポスト
e0041606_21564555.jpg

先日投稿したポストのフィルム版である
夜のスナップはデジタルに分があるような気もするが
やはりフィルムにしか出せない味もある
(フォトショップで大きく補正しておいて言えた義理ではないが・・・^^;)



e0041606_2220465.jpg

あの撮影会の後、精鋭5名でささやかな?反省会をし
その後ひとりで飲み歩いて撮った写真だが
酔っているせいもあってまともに映っていなかった

そんなことはどうでもいいのだが
フィルムが切れそうな最後の最後のほうで
大通りから一本入った路地の、やや怪しげなネオンを撮ろうとしていたら
たまたまそのネオンのあるドアから
ちょうど、これまた怪しげなカップル(死語)が出てきた
フィルムを巻きあげて撮ろうとしたが
もうフィルムは残されていなかった
構えていたカメラを降ろし、「う~ん残念」と(心の中で)思っていたら

「何撮ってんだお前!」

出てきた男に怒鳴られる
歳は60くらいか(ちょっとチンピラ風)
50くらいのホステスと腕を組んで歩いている

「いやぁ・・・撮れなかったんです・・・」

まさに下手な言い訳のようになってしまったが、事実である

「なに~!今撮ってだべや!」

「いや、だから、フィルムがなくなって・・・」

「なに!このやろう!」

「いや・・・このぉ、この・・・巻きあげが・・・」

僕がなんと言おうと理解できないだろう
なんだかんだと文句を言いながら
そのカップル(死語)は歩き去って行った・・・

怒った男の気持ちも分からなくはないが・・・^^;



e0041606_22201819.jpg

僕がこんなおっさんじゃなくて女子高生なら?
カメラがNIKON FM2じゃなくてコンデジなら?
カップル(死語)が夫婦なら? ^^;



写真を撮るという行為を理解されない部分や
理解されない「人」がいるというのは
これはもう、どうしようもない事実であり
それは大いに認め、尊重するところなのだが

別にそんなもん撮らんでも
それのなにが楽しいの?
と言われても
もう、どうしようもなくなっている
「自分」がいるのです


気をつけよっ ^^
by mahasatou | 2013-03-15 23:01 | Scrap‐collector | Comments(2)
digital
e0041606_23423733.jpg

先月、尚光堂さんで行われた「夜のXセミナー」に参加しました
僕はFUJIFILM X-Pro1というカメラをお借りしての撮影でした
141カット、シャッターを切って自分の中で納得したのは上のワンカットだけでしたが ^^;
その夜はなんかこう、久々にワクワクする気分を味わえました

今、その時を振り返って、撮ったものを見直すと
そんなにワクワクしない自分もいますが・・・
でも結構いい写りしてません?

むむむ~ 悩ましい
by mahasatou | 2013-03-02 00:14 | Scrap‐collector | Comments(2)
託す
e0041606_22352458.jpg

by mahasatou | 2009-02-08 22:35 | Scrap‐collector | Comments(0)
ならぶ
e0041606_21261123.jpg

今頃になって初詣の画
あれからひと月
はやいようなおそいような

by mahasatou | 2009-02-01 21:27 | Scrap‐collector | Comments(6)
大量の大漁旗たなびく
e0041606_23242762.jpg

by mahasatou | 2009-01-14 23:24 | Scrap‐collector | Comments(2)
春の塩竈(2)
e0041606_0153247.jpg

   ここへ来るのは決まって夕方から夜にかけて
   もっとも撮りづらい時間帯






e0041606_015453.jpg

   ベンチに寝そべって広角でパシャリ






e0041606_0155570.jpg

   お決まりの巫女さんをパシャリ






e0041606_0282687.jpg

   この後、屋台でまずいおでんとビールを一杯
   この日は僕らの結婚記念日です
by mahasatou | 2008-04-28 00:20 | Scrap‐collector | Comments(2)
春の塩竈(1)
e0041606_2365888.jpg

恒例の春の塩釜神社詣で
二百二段の表参道の前には地元の高校の野球部が
これからこの二百二段を登り降りするんだな
前を通ると大きな声で「こんにちはー!!」と挨拶してきた
今時の高校生も捨てたもんじゃない





e0041606_23783.jpg

ん?
野球部は登ってこない・・・・・・
もう終わってたのかなぁ





e0041606_2371626.jpg

いつもの桜の木
この桜が境内で一番きれい





e0041606_2372572.jpg

by mahasatou | 2008-04-23 23:07 | Scrap‐collector | Comments(2)
常時ある臨時
e0041606_082258.jpg

「臨時」

1 あらかじめ定めた時でなく、その時々の事情に応じて行うこと。「―に総会を開く」「―番組」「―休業」
2 一時的であること。その期間だけであること。「―に作業員を雇う」

ちなみに反対語は常時ではなくて通常

バス停の役割からして2が当てはまるのだろうが
期間などは表示されておらず
いかにも
ずっと前からここにあります
という存在感を漂わせていた

でももうないのかもしれない
明日確認してみよう
by mahasatou | 2008-01-21 00:08 | Scrap‐collector | Comments(0)
New Year's Eve in Shiogama
e0041606_2065024.jpg

塩竈神社の表参道には初詣の電光案内板が設置されていた
あと何時間後かにはここにもの凄い人が並ぶ
とは想像もつかない





e0041606_2065932.jpg

本町商店街の佐浦酒造前
大漁旗で通りが飾られている





e0041606_207712.jpg







e0041606_2071624.jpg

しめ飾りを買い求める人々





e0041606_22313382.jpg

正月の食材を買い求める人でごった返す闇市
by mahasatou | 2007-12-31 20:07 | Scrap‐collector | Comments(0)