タグ:tanago ( 11 ) タグの人気記事
春のザッコ釣り
e0041606_1172750.jpg




e0041606_2330574.jpg




e0041606_2330218.jpg




e0041606_2330328.jpg




e0041606_23304179.jpg




e0041606_23305120.jpg

いつもの場所でいつもの釣り
なんとなく個体数が減ってきてるような気がするのが気がかり
それでも水面下40cm×1.5m×1.5mの世界に、これだけの生命が存在しているのには
毎度のことながら感動させられる
by mahasatou | 2010-05-23 11:07 | Sunday-angler | Comments(2)
里の春 ザッコ釣り
e0041606_234990.jpg

いつもの水路でいつものザッコ釣り
といっても春のベストシーズンにやるのは2年ぶり

開始早々、いつものモロコが連発
画像は割愛する



e0041606_234263.jpg

待望のタイリクバラタナゴ♂
青味の強い美しい魚体



e0041606_2351427.jpg

既製品の短竿、黄身練、タナゴ



e0041606_2345497.jpg

こちらは赤味の強い個体



e0041606_2353156.jpg

珍客、ヨシノボリ



e0041606_235548.jpg

今回の最大魚
おなかパンパンながら、産卵管がなく、目が赤い
ちょっと変わったタナゴ
サイズは10cm超



e0041606_2361714.jpg

上と同じ魚
撮り方が違うとまた変わる
果たしてこいつは何者か



e0041606_2364477.jpg

小鮒



e0041606_237349.jpg

撮る角度によって青味が増す
虹色に縁取られた鱗が素晴らしい



e0041606_2372787.jpg

今回の釣果

タモロコ・・・いっぱい
タイリクバラタナゴ♂・・・5.6匹
謎のオオタナゴ・・・1匹
小鮒・・・1匹
ヨシノボリ・・・1匹

ここ数年で最高の釣果となった
by mahasatou | 2009-05-23 02:38 | Sunday-angler | Comments(4)
Zacco fishing
e0041606_22521476.jpg





e0041606_22522560.jpg





e0041606_22523161.jpg





e0041606_22523771.jpg

秋のザッコ釣り
いつもの水路に
いつもの黄身練を投入すると
いつものモロコが
いつも以上に喰らいついてくる
釣っても釣っても
釣っても釣ってもモロコばかり
そのうちモツゴがちらほら
マブナもちらほら釣れてくる
でもタナゴはなかなか釣れない
3枚目のタナゴは僕が釣ったものではなくて
かみさんが最後のほうで釣ったもの
今回はこれ一匹だった
タナゴは遠慮しがちな
他のみんなに譲る心をもった
優しい魚なのだろう

一番下の魚
場所を移動して
新規開拓の川で釣れたもの

なんだろう
なんだろう
なんだろうく~~ん

僕はたぶんワカサギじゃないかと見ている





いま調べてみたら
どう見てもワカサギじゃないな
一番近いとことろで
これ
サケらしい

いやいや
サケってことはないだろう
やっぱウグイの稚魚?
by mahasatou | 2007-10-22 22:53 | Sunday-angler | Comments(6)
So-called Golden Week(4)
e0041606_221777.jpg






e0041606_22171191.jpg







e0041606_22171694.jpg
Nikon FM2+Ai Micro Nikkor 55mm F3.5
Kodak GOLD 200
EPSON GT-X750







e0041606_22172178.jpg






e0041606_22172536.jpg
Canon PowerShot S70






e0041606_22173064.jpg
Nikon FM2+Ai Micro Nikkor 55mm F3.5
Kodak GOLD 200
EPSON GT-X750






e0041606_22173488.jpg
Canon PowerShot S70






e0041606_2203785.jpg
Nikon FM2+Ai Micro Nikkor 55mm F3.5
Kodak GOLD 200
EPSON GT-X750






e0041606_22174815.jpg
Canon PowerShot S70

5/4
いわゆるゴールデンウィークである

かみさんと一緒にザッコ釣りに出かける
恒例のいつもの水路は
いつものように僕たち二人を歓迎してくれた

水路の角
1.5m四方の世界にこれだけの魚たちがいると言う事実に
あらためて感激を覚える
by mahasatou | 2007-05-11 22:22 | Sunday-angler | Comments(4)
little fish in the evening
e0041606_22564654.jpg

         久しぶりに竿をだす
         最初にきたのは黄身練り初の「ブルーギル」だった
         水中ではでかいタナゴかと思った・・・









e0041606_22565814.jpg

          和船をあやつるおっちゃんに声をかけられる
           「つれっだがっす?」
            「いや、つれません。ブルーギル一匹だけです」
           「はぁ、そんなどごでつれんだな。ブルーギルが。バスよりたづ(性質)わるいんだそいづ」
            「はは・・・。本当はタナゴがつりたいんです」
           「ブルーギルはどうしたのっしゃ?」
            「ああ逃がしました」
           「殺してけねど困んだなぁ~」
            「はは・・・」

          おっちゃんは船を降り、近所の人と話をした後
          僕の後ろに来てまた話始める
           「こごらへんにはまだまだ小魚いるんだ。でも、バスやギルが増えて減ってきでる」
            「そうでしょうね」
           「上のため池にゃゼニタナゴもいっぱいいだし、シナイモツゴもいで保存する会もやってんだぁ」
            「そうなんですか」
           「うなぎの仕掛け針にもバスよぐかがんだぁ。あど雷魚もかがるぅ」
            ・
            ・
            ・
            「おおっ つれました。オイカワです。」
           「オイカワって、ワカサギどはどうちがうのけぇ?」
            「オイカワは派手できれいですよ」
           「とにがぐこの辺は まだまだ結構魚いんだ。んだがらバスどがギルどがは駆除してもらわねど困んだ」
            「そうですね」
           「んで、がんばってぇ」








e0041606_2257374.jpg

            今までたぶん最小魚
            約5cm









e0041606_22571115.jpg







e0041606_22594345.jpg

釣りはじめて3~40分たったか
今回最初で最後のタナゴ(絶対にということは絶対にないけどささきさんが前にカネヒラだといったので絶対にカネヒラ)
暗くなって写りも悪い(上は加工品)
よりも体色は青く、鰭は赤くなっている
でもなぜかサイズは小さい
待望の一匹、貴重な一匹、これでほぼ満足する










e0041606_22571842.jpg

by mahasatou | 2006-09-03 23:00 | Sunday-angler | Comments(10)
small fishing on rainy day(2)
e0041606_2159189.jpg

         予想どうりのそぼ降る雨の中
         おなじみモロコも釣れた







e0041606_21594383.jpg

♀らしき個体







e0041606_220568.jpg

♂らしき個体
地味ではあるが味のある色彩







e0041606_2201363.jpg

上と同じ個体
容器にいれて白いコンクリートの上に置くと
タナゴの体色も白く変化する
 





e0041606_2203588.jpg









e0041606_2205179.jpg

朽ちた和船の縁に置くと体色は濃くなってくる
なぜかタナゴたちは黒い方向へ、下へ下へと行こうとする
これは習性か







e0041606_221940.jpg

最後に綺麗なオイカワが釣れた       










e0041606_2212470.jpg

初めての川であったがそこそこ釣れたと思う

釣っている間、そこら中で
「ボコッゥ!」
「バコッゥ!」
と捕食音が聞こえる
葦際に近づくと大きめの魚が「バシャ」と逃げていく
なんだろう、バスか?
そんな音を何度も聞いていると
あれほど大好きだったバスが憎たらしく思えてくる
「お前ら何するんだ」
と思う

握っている竿が「青一号」ではなく「バスロッド」だったなら
そうは思わなかったかもしれない
嗚呼、僕は実にわがままな釣り人だ
ああ、複雑な気分だ








e0041606_2255386.jpg

by mahasatou | 2006-05-29 22:02 | Sunday-angler | Comments(4)
small fishing on rainy day(1)
e0041606_2263535.jpg

        今にも降りだしそうな空の下
        見知らぬ川に糸を垂れる
        ここには何がいるのだろうか






e0041606_23582624.jpg









e0041606_221511.jpg

        コンクリートのきわで明確なアタリがでる
        ストーンと浮子がもっていかれる今までにないアタリ
        あがってきたのはオイカワだった
        ♂か♀かはよくわからないが、たぶん♂だろう
        ああ、僕がこの魚を釣ったのは19歳以来だ
        フライフィッシングのキャストの練習中に相模川で釣ったなぁ
        しばしタイムスリップする・・・・・・
        
        何匹か釣れたところで移動する



e0041606_235295.jpg









e0041606_23212219.jpg

最初はまたオイカワが釣れたが
それとはまったく違う小刻みなアタリにあわせると待望のタナゴが!
ん~~名前はわからないが間違いなくタナゴ
タナゴが釣れるとうれしい
 
この釣りをはじめた頃は釣れればどんな魚でもうれしかったが
この形、この色、この眼つき、この顔つき
タナゴは人(僕)を惹きつける何かがあるようだ




e0041606_2330992.jpg

by mahasatou | 2006-05-28 23:12 | Sunday-angler | Comments(2)
Rosecolor scale(2)
e0041606_22495285.jpg

ヨシノボリの一種
瑠璃色の斑点があるためルリヨシノボリと思われる
今釣最高の珍客
体表の瑠璃色、第2背鰭の黄色、胸鰭の朱色はカメラでは表現できない色彩である






e0041606_2250112.jpg








e0041606_22501099.jpg

モツゴと思われる個体
これも初魚である
体色が黒ずんでいるのは産卵期のためか
一筆一筆墨を入れたような繊細な色彩









e0041606_2250194.jpg












e0041606_22502890.jpg

赤の発色が著しい個体










e0041606_22503896.jpg

体高、色彩ともほぼパーフェクトな個体
頭部から背部にかけての盛り上がりがすばらしい
直射日光を当てるともう何がなんだかわからないほど
この世のすべての色彩を映し出すかのように輝く
      
バラタナゴの バラ は
薔薇 の意
薔薇のように派手で美しいということなのだろうが
それどころではない










e0041606_22505085.jpg

今回も大満足ではしゃぐ筆者
シャツは意識したわけではないがなんとなくタナゴ色










e0041606_2251072.jpg

今回も十二分に仕事をしてくれた
根曲がり青一号と
かみさんのために用意した青二号
      









e0041606_22511078.jpg

by mahasatou | 2006-05-12 22:51 | Sunday-angler | Comments(0)
Rosecolor scale(1)
e0041606_22481652.jpg

      GW半ば、雑魚釣りに行く
      めずらしくかみさんを連れて行く
      この釣りならルアー釣りのようなわずらわしさはないので誰でも出来る








e0041606_2248236.jpg

淡い発色のタイリクバラタナゴ♂
体高もあまりない






e0041606_22483011.jpg

青の発色が強い個体
見事な体高







e0041606_22483896.jpg

撮影のしかたによっても体色は変わってくる(上とは別個体)








e0041606_2248461.jpg

   モロコの一種









e0041606_22485487.jpg

   ギンブナ










e0041606_2252302.jpg

by mahasatou | 2006-05-11 22:49 | Sunday-angler | Comments(4)
Jewel of brook
 結局有料でここを継続することにしました
 心機一転?今日からカウンター設置!
 今度とも宜しくお願いいたします



e0041606_21425951.jpg

先日の小物釣りの反省を踏まえて再挑戦する
がしかし
やってることはすべて一緒

あの悪夢の「埋め立て池」以外にもう一箇所あったのをふと思い出したのだ
でもあそこは道路工事で変わってしまっていたような・・・
それでもわずかな望みを胸に向かうことにした




e0041606_2143963.jpg









e0041606_21432277.jpg

今日のチェックポイント

前回とおなじ(正確に言えば車に積む際、穂先が10cmほど折れた)
根曲がり青1号に
同じ仕掛け、同じ黄身練で挑む
やや流れがあり、際沿いを流していると
ピク、ピクッと待望の反応が!!






e0041606_21433748.jpg

   モロコの一種だと思われる、記念すべきはじめの1匹
   この日10匹ほど釣れた








e0041606_21434760.jpg

 ギンブナ
 この魚を釣ったのは小学生以来だ
 こんなに美しい魚だったとは・・・・・・











e0041606_21435483.jpg













e0041606_2146687.jpg

 そしてしばらくして待望のタナゴが!!
 タイリクバラタナゴ♂
 農作業中のおじさんを尻目に
 ひとり大はしゃぎする僕です
 まさに宝石のごとき美しさ









e0041606_21461426.jpg

 立て続けに
 タイリクバラタナゴ♀
 だらしなく伸びた産卵管が生々しい










e0041606_21462561.jpg
















e0041606_21463567.jpg

 そして最後は25cmほどのコイ
 根曲がり青1号がギュンギュン絞り込まれるパワーの持ち主
 暴れまわってくれたおかげでこの後アタリがなくなり納竿
      

 実釣時間90分
      
  モロコ・・・十数匹
  ギンブナ・・・3匹
  コイ・・・1匹
  タイリクバラタナゴ・・・2匹(結局写真の魚のみ)








e0041606_21464855.jpg












e0041606_23354325.jpg

   悲しいかな
   この水辺でも、またなにやらほじくり返している
   すでに古い道がつぶされ新しい道路が造られていた
   でも、かろうじて、この水路に宝石は生きていた

        
         
by mahasatou | 2006-05-02 21:45 | Sunday-angler | Comments(3)